SIGMA 18-50mm F2.8 DC DN | Contemporary

APS-Cミラーレスカメラ用ズームレンズ【SIGMA 18-50mm F2.8 DC DN | Contemporary】が、販売されました。Lマウント用、ソニー Eマウント用をラインアップ。

大口径F2.8通しの標準ズームレンズ。35mm判換算で27~75mmの使いやすいズーム域や、ボケ表現も楽しめるF2.8の明るさ、最新の光学設計技術よるシャープな描写が特徴。大口径F2.8通しながら、クラス最小最軽量(AF対応、APS-Cミラーレスカメラ用、F2.8通しのズームレンズとして。2021年10月、同社調べ)を実現するという。

加えて、AFアクチュエータにはステッピングモーターを採用。簡易防塵防滴構造を施す。付属品は、花形フード「LH582-02」、フロントキャップ」LCF-55 III」、リアキャップ「LCR II」。

このほか、主な仕様(数値はLマウント用)は、レンズ構成が10群13枚(SLD1枚、非球面レンズ3枚)、画角(APS-C)が76.5度(W)~31.7度(T)、絞り羽根枚数が7枚(円形絞り)、最小絞りがF22、最短撮影距離が12.1(W)~30(T)cm、最大撮影倍率が1:2.8(W)~1:5(T)。フィルター径は55mm。

サイズは65.4×74.5mm(最大径×長さ)、重量は290g。

価格は73,150円。

Follow me!