atx-m 23mm/33mm/56mm

トキナーのミラーレス専用レンズシリーズ「atx-m」より、ソニーEマウント(APS-Cフォーマット)用の【F1.4単焦点レンズ】3機種が、販売されました。

ラインアップは、準広角23mm(35mm判換算35mm相当)の【atx-m 23mm F1.4 E】、標準33mm(35mm判換算50mm相当)の【atx-m 33mm F1.4 E】、中望遠56mm(35mm判換算85mm相当)の【atx-m 56mm F1.4 E】を展開する。

いずれも、APS-Cミラーレス専用の光学設計を採用し、F1.4の大口径ながら、フィルターサイズ52mmの小型サイズを実現。さらに、静かで速いAFを実現するSTM(ステッピングモーター)を装備し、動画撮影時にクリックのない無段階の絞り操作を行えるという。

【atx-m 23mm F1.4 E】の主な仕様は、明るさがF1.4、フォーマットがAPS-C、最小絞りがF16、レンズ構成が10群11枚、画角が63.4度、フィルター径が52mm、最短撮影距離が0.3m、マクロ最大倍率が1:10、絞り羽根枚数が9枚。

サイズは65×72mm(最大径×全長)、重量は276g(ソニーE用)。

【atx-m 33mm F1.4 E】の主な仕様は、明るさがF1.4、フォーマットがAPS-C、最小絞りがF16、レンズ構成が9群10枚、画角が45.7度、フィルター径が52mm、最短撮影距離が0.4m、マクロ最大倍率が1:10、絞り羽根枚数が9枚。

サイズは65×72mm(最大径×全長)、重量は285g(ソニーE用)。

【atx-m 56mm F1.4 E】の主な仕様は、明るさがF1.4、フォーマットがAPS-C、最小絞りがF16、レンズ構成が9群10枚、画角が28度、フィルター径が52mm、最短撮影距離が0.6m、マクロ最大倍率が1:10、絞り羽根枚数が9枚。

サイズは65×72mm(最大径×全長)、重量は305g(ソニーE用)。

Follow me!