FUJIFILM X-T30 II

「Xシリーズ」の新モデルとして、ミラーレスカメラ【FUJIFILM X-T30 II】が、販売されました。ボディ単体と、【FUJIFILM X-T30 II XC15-45mmレンズキット】(「XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ」が付属)をラインアップ。

従来モデル「FUJIFILM X-T30」の小型・軽量ボディという特徴はそのままに、ソフトウェアを刷新し、「Xシリーズ」のフラッグシップモデル「FUJIFILM X-T4」と同等の高画質や高速・高精度AFを実現するというミラーレスカメラ。

具体的には、有効約2610万画素で23.5mm×15.6mm(APS-Cサイズ)のX-Trans CMOS 4センサー、および高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載し、「FUJIFILM X-T4」と同等という最短約0.02秒の高速・高精度AFを実現する。また、像面位相差画素を全面(約100%)に配置したことで、画面中央から離れた位置にある被写体でも素早く正確にとらえられるという。

さらに、AFの最新アルゴリズムにより、動体追従AFの性能が従来モデルから向上。「カメラに向かってくる被写体のみならず、カメラから離れていく被写体もとらえ続けられる」という。顔・瞳AF機能も備える。

また、暗闇に近い-7.0 EV(「XF50mmF1.0 R WR」装着時に低照度-7.0EV限界を実現)の低照度環境下でもAFが可能。メカニカルシャッター設定時は最速約8コマ/秒、電子シャッター設定時では最速約30コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写に対応する。

機能面では、同社独自の「フィルムシミュレーション」に、スナップ写真などで愛用されてきたカラーネガフィルムを元に画質を設計した「クラシックネガ」や、写真フィルムの現像方法のひとつである「銀残し」の表現を再現した「ETERNAブリーチバイパス」など、全18種類のモードを搭載する。

加えて、人物の有無、色、明るさなどの情報からシーンを判別し、最適な撮影設定を自動で選択する「AUTO」モード、シーンに合わせて撮影設定を選択できる「SP(シーンポジション)」モードのアルゴリズムを刷新。「カラークローム・エフェクト(ブルー)」、「明瞭度」、「ダイナミックレンジ」などの自動調整を可能とした。

動画機能では、最大DCI4K(4096×2160 29.97p/25p/24p/23.98p 200Mbps/100Mbps 連続最大約30分まで)の動画記録に対応。このほか、4K/30P 4:2:0 8bitでのカメラ内SDメモリーカード記録が可能。HDMI出力では、4K/30P 4:2:2 10bitに対応する。フルHD/240Pのハイスピード動画撮影も可能。

ボディ天面には、マニュアル撮影を楽しめる「シャッタースピードダイヤル」を採用。設定内容を常に確認でき、電源オフ時でも次の撮影に備えられる。瞬時に「AUTO」モードに切り替えられる「オートモード切替レバー」も装備した。

主な仕様は、EVFが0.39型有機ELパネル(約236万ドット)、背面モニターがチルト式でタッチ対応の3型液晶(約162万)を備える。外部記録媒体はSD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)をサポートした。

電源は、リチウムイオンタイプの充電式バッテリー「NP-W126S」を使用。静止画撮影可能枚数は、ノーマルモード時で約390枚(「XF35mmF1.4R」使用時)。

サイズは118.4×31.9~46.8×82.8mm(幅×奥行き×高さ)。重量は、 約378g(バッテリー、 SDメモリーカード含む)、約329g(バッテリー、 SDメモリーカード含まず)。ボディカラーはシルバー。

価格はオープンプライス。

Follow me!