マウントアダプター FTZ II

ニコンイメージングジャパンは、「Z シリーズ」のミラーレスカメラにNIKKOR F レンズを取り付けられる【マウントアダプター FTZ II】の予約受付を開始した。年内に発売する予定。

既存の「マウントアダプター FTZ」から三脚座を取り除き、凸部を最小化したモデル。縦位置撮影時にも指がマウントアダプターに当たらないためしっかりグリップでき、動画撮影時などにもアクセサリー装着の妨げにならないという。

雲台やクイックシューに干渉することなくカメラボディを三脚に固定でき、三脚撮影時にも、同製品を装着したNIKKOR F レンズをそのまま着脱可能。NIKKOR Z レンズとNIKKOR F レンズの交換がスムーズに行える。

また、「AI NIKKOR」以降の約360種のNIKKOR FマウントレンズでAE撮影に対応。モーター内蔵のAF-P、AF-S、AF-Iレンズ計90種以上でAE/AF撮影が可能。

さらに、鏡筒にマグネシウム合金を使用。可動部をはじめ随所にシーリングを施し、ミラーレスカメラ「Z 9」と同等の高い防塵・防滴性能を確保したとのこと。本体は、絞りリングのないGタイプレンズと調和する外観デザインを採用した。

このほか、VR機構搭載のNIKKOR F レンズを装着した場合は、レンズのVR機構とボディ内VRが協働し、三軸の手ブレ補正(Yaw、Pitch、Roll)が使用可能。VR機構非搭載のNIKKOR F レンズ使用時は、ボディ内VRを適用する。

サイズは約70(最大径、突起部除く)×70mm、重量は約125g。

価格は36,300円。

Follow me!