NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

ニコンイメージングジャパンは、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ向けの超望遠ズームレンズ【NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S】の予約受付を開始しました。2022年2月に発売する予定。

色にじみや色づきを徹底的に抑え、絞り開放からきわめて高い解像性能を発揮する「S-Line」に属するNIKKOR Zレンズ。幅広い焦点距離をカバーするNIKKOR Z レンズ初の超望遠レンズとして、広角端での撮影距離0.75mを実現する。

また、超望遠ズームレンズとしては約1355gと軽量で、長時間の移動時や、撮影時の負担を軽減。同社初の「重心移動レス機構」を採用し、ズーミングによる重心の変化を大幅に抑制している。

さらに、NIKKORレンズで最高の5.5段(CIPA規格準拠)の高い手ブレ補正効果を発揮するレンズシフト方式VR機構を内蔵。手ブレの影響を受けやすい望遠撮影や光量の少ないシーンでの撮影でも、安心して撮影できるという。

主な仕様は、焦点距離が100mm-400mm、最大口径比が1:4.5–5.6、レンズ構成が20群25枚、画角が24度20分–6度10分(撮像範囲FX)/16度–4分(撮像範囲DX)、最短撮影距離が0.75m(焦点距離100mm)/0.78m(焦点距離135mm)/0.8m(焦点距離200mm)/0.87m(焦点距離300mm)/0.98m(焦点距離400mm)、最大撮影倍率が0.38倍、絞り羽根枚数が9枚(円形絞り)、絞り方式が電磁絞りによる自動絞り、最大絞りがf/4.5(焦点距離100mm)、f/5.6(焦点距離400mm)、最小絞りがf/32(焦点距離100mm)、f/40(焦点距離400mm)、フィルターサイズが77mm。

このほか、サイズは98mm×222mm(最大径×レンズマウント基準面からレンズ先端まで)。重量は約1435g(三脚座を含む)/約1355g(三脚座なし)。

価格は385,000円。

Follow me!