LAOWA Argus CF 33mm F0.95 APO

サイトロンジャパンは、LAOWA(Venus Optics)のAPS-Cミラーレスカメラ用レンズ【LAOWA Argus CF 33mm F0.95 APO】にキヤノンEF-M用を追加しました。既存の対応マウントはソニーE用、富士フイルムX用、キヤノンRF用、ニコンZ用を展開。

開放F0.95のAPS-Cミラーレスカメラ用レンズ。APO設計の採用により、色収差を補正したクリアな画像を楽しめるという。レンズ構成は、非球面レンズ1枚、特殊低分散(ED)レンズ1枚、高屈折レンズ3枚を含む9群14枚を採用した。

また、インナーフォーカス機構により「ブリージングを最小限に抑える」として、動画撮影にも適するとのこと。さらに、デクリック設計の採用により、「動画撮影中に絞りを変更する際、明るさが不自然に変化することがない」という。

仕様は、焦点距離が33mm、絞り範囲(F値)がF0.95~F11、画角が46.2度、レンズ構成が9群14枚(非球面レンズ1枚、EDレンズ1枚、高屈折レンズ3枚)、絞り羽根枚数が9枚、最短撮影距離が35cm、最大倍率が0.125倍、フォーカスがMF、フィルター径が62mm。

サイズおよび重量(マウントにより変動あり)は、71.5×83mm(直径×長さ)、約590g(レンズフード、フロントキャップ、リアキャップ除く)。

店頭予想価格は74,000円前後。

Follow me!