ミラーレンズ 400mm F8 N II S

ケンコー・トキナーは、Tマウント部の改良で性能が向上した、軽量コンパクト400mmレンズ【ミラーレンズ 400mm F8 N II S】を販売しました。

ラインアップは、ミラーレス用、一眼レフ用を用意。マウントはTマウント式で着脱式を採用し、ほかのマウントへの変換も可能。ピントはマニュアルフォーカスで、露出は絞り優先AE(A)または(Av)、あるいはマニュアル(M)のみの対応となる。

主な特徴として、ミラーを使用した反射光学系により、400mmの超望遠ながらコンパクトなサイズと軽さを実現。Tマウント部の内面反射を抑え、より性能が向上したという。

仕様面は共通で、焦点距離が400mm、明るさがF8(固定)、レンズ構成が2群6枚、画角が6度8分(35mmフルサイズ)、フィルター径が67mm(前側)/30.5mm(マウント側)、最短撮影距離が1.15m、最大撮影倍率が1:2.5、フォーカス方式が前玉繰り出し方式・マニュアルフォーカス。絞り羽根は非搭載となる。

対応マウントは、キヤノンEF、キヤノンM、ソニーE、ニコンF、ニコンZ、フジフイルムX、ペンタックスK、マイクロフォーサーズ。

サイズおよび重量は、ミラーレス用が74×112mm(直径×長さ)、545g。一眼レフ用が74×82mm(直径×長さ)、500g。専用フード「KMH-671」が付属する。

価格はいずれもオープンプライス。

Follow me!