SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary

「プレミアムコンパクトプライム」をうたう「Iシリーズ」より、ミラーレスカメラ用交換レンズ【SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary】(Lマウント用、ソニーEマウント用)が、2月25日に発売する。

画面中心から周辺まで、開放F値2.0における最高レベルの光学性能を実現するというモデル。最新の光学設計技術を基盤に、レンズ構成には高精度グラスモールド非球面レンズを3枚、SLDガラス1枚、FLDガラス1枚を採用することで、諸収差を良好に抑制。広い画角の隅々まで、クリアでシャープな描写を可能にするという。

さらに、後処理での補正が難しい、サジタルコマフレアの抑制に注力することで、高い点像再現性を実現するとのこと。また、フレア、ゴーストに配慮した設計に加えて、スーパーマルチレイヤーコートとナノポーラスコーティング(NPC)を採用した。

このほか、「Iシリーズ」共通仕様の金属製の外装を施したのも特徴。切削アルミニウムによるパーツは「美しいだけでなく、しっかりとした剛性感と高い耐久性など、製品自体の品位向上にもつながっている」という。さらに、操作リングと摺動する内部の構造体にも、金属素材を使用した。

主な仕様(数値はLマウント用)は、レンズ構成が11群13枚(FLD1枚、SLD1枚、非球面レンズ3枚)、画角が94.5度、絞り羽根枚数が9枚(円形絞り)、最小絞りがF22、最短撮影距離が22cm。最大撮影倍率が1:6.7。フィルター径が62mm。

サイズは70×72.4mm(最大径×長さ)、重量は370g。マグネット式メタルキャップ(LCF62-01M)、花形フード(LH656-03)、フロントキャップ(LCF-62 III)、リアキャップ(LCR II)。

価格は97,900円。

Follow me!