HIKMICRO LYNX Pro LE15

サイトロンジャパンは、Hangzhou Hikmicro Sensing Technology製のサーマル単眼スコープ「LYNX Pro」シリーズより、【HIKMICRO LYNX Pro LE15】を販売しました。

熱を検出して画像を生成するサーマル単眼鏡。画素ピッチ12マイクロメートル(LYNX Pro)の高精細サーマルセンサーを装備する。「光でなく熱を検出して画像を生成するため、完全な暗闇や霧中でも使用できる」という。

デジタルズーム機能を搭載したほか、 ターゲットまでの距離を測距可能。サーマル画像の表示は、ホワイトホット、ブラックホット、フュージョン、レッドホットの4つのカラー・パレットから選択できる。

また、視野に映っている画像は内蔵メモリー(8GB)にビデオを録画したり、写真を撮影したりすることができる。

このほか、各画素間の感度のばらつきを補正するフラット・フィールド補正(FFC)機能を搭載。アプリを使用することで、本機とスマートフォンをWi-Fi接続し、撮影画像をスマートフォンで確認できる。本体はIP67相当の防塵・防水性能を備える。

主な仕様は、サーマル解像度が256×192ドット、焦点距離が15mm、F値がF1.0、デジタルズームが×1/×2/×4/×8、検出距離(1.7×0.5m)が708m、バッテリー稼働時間が約8時間。

サイズは158.3×61×57mm(幅×奥行き×高さ)、重量が280g。

価格は137,610円。

Follow me!