EOS R5 C

映像制作機器「CINEMA EOS SYSTEM」より、「動画と静止画の両方に高性能を求めるユーザー」に向けた新モデルとして、デジタルシネマカメラ【EOS R5 C】を販売した。

EOS R5 C
EOS R5 C

「CINEMA EOS SYSTEM」の動画性能と、ミラーレスカメラ「EOS R5」(2020年7月発売)を踏襲した高い静止画性能(ボディ内に手ブレ補正機構を搭載していないため、レンズ側の光学式手ブレ補正機構との協調制御はできない)を、電源ダイヤルでのモード切り替えによって使い分けられるというデジタルシネマカメラ。「機動力が求められる報道現場や、シネマライクな画づくりが求められる広告・企業映像制作など、1台で幅広い撮影シーンに対応する」とする。

仕様面では、自社開発の有効約4500万画素フルサイズCMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」の搭載によって、8K/30P・RAW動画に加えて、外部電源供給による8K/60P・RAW動画の内蔵記録を実現(8K/60P撮影時は、同時期に発売予定のDCカプラー「DR-E6C」(別売り)とコンパクトパワーアダプター「CA-946」(別売り)の併用またはUSB電源アダプター「PD-E1」(別売り)が必要)。汎用性の高いMP4での8K/30P動画の記録もサポートし、多様な映像制作シーンで活用できるという。

また、豊富なデータ量を持つ8Kの有効画素を全画素読み出すことで、オーバーサンプリングによる高画質な4K/4:2:2/10bit動画を生成することも可能。さらに、新開発の放熱構造と、放熱ファンの内蔵により、「EOS R5」と比べて、長時間の動画撮影に対応するとのこと。

加えて、RAWの豊富な映像情報を維持しながら、データサイズを軽くできる記録フォーマット「Cinema RAW Light」を採用。外部レコーダーを使用せずに、CFexpressカードへのRAW記録が可能だ。放送規格に準拠したキヤノン独自のビデオフォーマット「XF-AVC」にも対応し、柔軟に使い分けることで、多彩なワークフローに対応する。スロー撮影時でもなめらかな映像表現を可能にする、最大4K/120Pのハイフレームレート動画の撮影にも対応した。

静止画性能では、電子シャッター撮影時は最高約20コマ/秒、メカシャッター/電子先幕撮影時は、最高約12コマ/秒の高速連写(絞りやレンズの種類などの諸条件によって連続撮影速度が変化する)をそれぞれ実現。「動きのある被写体も、高画質に撮影できる」という。

このほか、0.5型で約576万ドットの有機ELパネルを採用した電子ビューファインダー(EVF)を内蔵。背面モニターは、バリアングル式の3.2型液晶(約210万ドット)を備えた。デュアルスロットを装備し、外部記録媒体はCFexpressカード(CFexpress 2.0 Type B)、SD/SDHC/SDXCメモリーカードをサポートする。

サイズは142×111×101mm(幅×奥行き×高さ、本体のみ、突起部含まず)、重量は約680g(本体のみ)。

価格はオープンプライス。

Follow me!