AF 24-70mm F2.8 FE

ケンコー・トキナーは、サムヤンオプティクス製の大口径AFズームレンズ【SAMYANG AF 24-70mm F2.8 FE】を発表した。

「動画撮影に最適化した」と謳う、サムヤン初の大口径AFズームレンズ。速いAFを実現するというリニアステッピングモーターを採用。瞳認識AFや顔認識AFで、AFの追尾にも対応する。

また、マニュアルフォーカス時には、ズームをしてもピント位置が維持されるパーフォーカル機能を搭載。17枚のレンズ構成のうち9枚の特殊レンズを採用し、高解像を実現したという。このほか、防塵・防滴構造を採用した。

主な仕様は、焦点距離が24~70mm、明るさがF2.8~F22、レンズ構成が14群17枚、対角画角が34.4~85.6度(フルサイズ)/23.4~61.7度(APS-C)、最短撮影距離が0.35m、最大撮影倍率が0.1~0.27倍、絞り羽根が9枚、フィルター径が82mm。

サイズは88×128.5mm(直径×長さ)、重量は1027g。

価格はオープンプライス。

Follow me!