FeiyuTech SCORP C

INTERAKは、「FeiyuTech」ブランドより、一眼レフ/ミラーレスカメラを装着できるカメラジンバル【SCORP C】を販売した。

コンパクトなカメラ用ジンバル。「インテグレーテッドハンギングハンドル」を採用したデザインで、縦位置撮影、横位置撮影のどの角度から撮影してもレンズを完全にコントロールできるとしている。ジンバル本体にエルロンブラケットを搭載し、三脚なしでも自立できる。

ペイロード(最大積載量)は2.5kgで、従来よりも多彩なカメラに対応。対応カメラおよび対応レンズはそれぞれWebページを参照のこと。

FeiyuTech SCORP C
FeiyuTech SCORP C

操作部にはジョイスティック、シャッターボタン、左右と自動回転ボタン、モードボタンを装備。不要な動きを抑制する3軸モーターロックや、重心位置メモリースライダー、アルカスイス規格のクイックリリースプレートなども搭載している。

稼働時間は静止状態で13時間。充電時間は1.6時間。USB-Cケーブル、クイックリリースプレイート、カメラ固定用ネジ、三脚部などが付属する。

折りたたみ時のサイズは280.8×266.2×71.3mm、重量は1.2kg。

価格は31,900円。

Follow me!