FE 24-70mm F2.8 GM II (SEL2470GM2)

35mmフルサイズ対応「α」Eマウントレンズとして、ズーム全域開放値F2.8の明るさで、世界最小・最軽量の大口径標準ズームレンズGマスター【FE 24-70mm F2.8 GM II (SEL2470GM2)】を2022年夏より発売する。

主な特徴として、超高度非球面XAレンズ2枚を含む、計5枚の非球面レンズを効果的に配置。ED(特殊低分散)ガラス2枚とスーパーEDガラス2枚に加えて、フローティングフォーカス機構も搭載し、色収差、非点収差、歪曲収差、コマ収差を抑制する。

また、レンズ全面に均一な薄膜を施す、ソニー独自の「ナノARコーティングII」を採用し、「逆光時でもゴーストやフレアを大幅に抑制し、クリアな描写を実現」するとのこと。

さらに、新開発の11枚羽根の円形絞り、球面収差の最適化、XAレンズの高い面精度管理などによって、「ズーム全域でなめらかで美しい、こだわりのぼけ描写」を楽しめる。2つのフォーカスレンズ群を動かすフローティングフォーカス機構を施し、最短撮影距離がワイド端0.21m/テレ端0.30m、最大撮影倍率が0.32倍という、高い近接撮影性能を備えた。

このほか主な仕様は、焦点距離が24~70mm、レンズ構成が15群20枚、画角(35mm判)が84度~34度、開放絞りがF2.8、最小絞りがF22。フィルター径が82mm。

サイズは87.8×119.9mm(最大径×長さ)、重量は695g。

店頭予想価格は300,000円前後。

Follow me!