SAMYANG AF 35mm F1.4 FE II

ケンコー・トキナーは、カスタムスイッチとフォーカスホールドボタンにより進化した、サムヤンオプティクス製の大口径AFレンズ【SAMYANG AF 35mm F1.4 FE II】を販売した。

「AF 35mm F1.4 FE」の第2世代モデル。主な特徴として、9群11枚のレンズ構成のうち4枚に特殊レンズ(2 ASP、2 HR)を採用した、光学設計を採用。9枚羽根の円形絞りが作り出す、「やわらかくて美しい玉ボケ」を楽しめるという。最短撮影距離は0.29m。合計4か所に、ウェザーシーリングデザインを施した。

このほか、焦点距離が35mm、明るさがF1.4~16、レンズ構成が9群11枚、画角が65.5度(対角・フルサイズ)、45.2度(対角・APS-C)、フィルター径が67mm、最短撮影距離が0.29m、最大撮影倍率が0.18倍、絞り羽根枚数が9枚。

サイズは75×115(直径×長さ)、重量は659g。

ケンコー・トキナーオンラインショップ公式店での直販価格は118,800円。

Follow me!