FDR-AX45A

デジタル4Kビデオカメラレコーダーハンディカム【FDR-AX45A】を、9月30日から発売する。

光学20倍のZEISSレンズ、および4K映像撮影専用に設計した裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を装備したモデル。レンズとセンサーが一体となり、カメラ本体が動いても、空間光学ユニットがバランスを保つという「空間光学手ブレ補正」を搭載するのが特徴。

機能面では、XAVC S 4K/HD動画とMP4動画の同時記録、高画質フルハイビジョン対応のAVCHD動画とMP4動画の同時記録に対応。7種類の「ピクチャーエフェクト」機能も備えた。加えて、撮影した映像を、自動で1本のBGM付きのショートムービーに仕上げるハイライトムービーメーカー機能(同時ビデオ記録オン時のみ作成可能。記録は1280×720のMP4方式)も装備する。

このほか主な仕様は、有効画素数(動画時)が829万画素(16:9)(手ブレ補正設定が、スタンダードまたは切の場合)。液晶モニターは3型エクストラファイン液晶(約92.1万ドット)で、従来の「FDR-AX45」と比べて、広い視野角でのモニター確認が可能になったという。メモリーカードスロットは、メモリースティック デュオ/SDメモリーカード兼用。内蔵メモリーは64GB。

本体のみのサイズは73×142.5×80.5mm(幅×奥行き×高さ)、付属バッテリー装着時(NP-FV70A)の本体サイズは73×173×80.5mm(幅×奥行き×高さ)。本体重量は約510gで、撮影時総質量は約560g(NP-FV50A使用時)、約600g(NP-FV70A使用時)、約660g(NP-FV100A使用時)。カラーは、ブラック、ブロンズブラウン。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は10万円前後。

Follow me!