ニコン Z 30

ニコンイメージングジャパンは、「ニコン Z マウント」を採用したAPS-Cサイズ/DXフォーマットミラーレスカメラ【ニコン Z 30】を、7月1日10時より予約受付を開始し、8月5日から発売する。

ラインアップは、【Z 30】単体に加えて、【Z 30 16-50 VR レンズキット】(「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」付属)、【Z 30 ダブルズームキット】(「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」「NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR」付属)。

有効2088万画素のAPS-Cセンサーを搭載するミラーレスカメラ。「ニコン Z シリーズで最小・最軽量」を謳うボディに、Vlog撮影をはじめ、動画撮影に適した機能を備えたのが特徴。握りやすさを考慮した深いグリップを採用し、長時間の持ち歩きや撮影に対応するほか、大きな動画撮影ボタンや、ウィンドマフを装着しやすい大型マイク、撮影中であることがひと目でわかる「RECランプ」などを装備する。

ニコン Z 30
ニコン Z 30
ニコン Z 30
ニコン Z 30

動画撮影は、3840×2160/30pの4K UHD動画記録が可能。また、「AUTO」モードのままでも調整可能な露出補正や、全20種類の「Creative Picture Control」での効果の選択などを利用できる。さらに、1回の撮影で最大125分まで可能な長時間動画記録をサポートした(フルHD 24p/25p設定時、常温25度の場合。そのほかの条件ではバッテリー寿命やカメラの内部温度によって、125分に達しない場合がある。4K UHD時の撮影時間目安は約35分)。

このほか主な仕様は、撮像素子が有効2088万画素の23.5×15.7mmサイズCMOSセンサー(APS-Cサイズ/DXフォーマット)を装備。加えて、「Z 7」「Z 6」と同様の画像処理エンジン「EXPEED 6」を搭載する。背面モニターは、バリアングル式の3型タッチパネル液晶(約104万ドット)を搭載。記録メディアはSD/SDHC/SDXCメモリーカードをサポートする(SDHC/SDXCメモリーカードはUHS-I規格に対応)。

バッテリーは「EN-EL25」を使用。バッテリー寿命は、静止画モード(撮影可能コマ数)が約330コマ、動画モード(動画撮影可能時間)が約75分。

サイズは128×59.5×73.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約405g(バッテリーおよびメモリーカードを含む、ボディキャップを除く)、約350g(本体のみ)。

価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格は、ボディ単体【Z 30】が9万8,000円前後、【Z 30 16-50 VR レンズキット】が12万円前後、【Z 30 ダブルズームキット】が約15万円前後。

レンズマウントニコン Z マウント
有効画素数2088万画素
撮影素子23.5×15.7 mmサイズCMOSセンサー(APS-Cサイズ/DXフォーマット)
記録媒体SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード(SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカードはUHS-I規格に対応)
ISO感度(推奨露光指数)ISO 100~51200(ステップ幅:1/3ステップ)、ISO 51200に対し約1段(ISO 102400 相当)、約2段(ISO 204800相当)の増感、感度自動制御が可能
フォーカスポイント209点※静止画モード、撮像範囲DX、シングルポイントAF時
画像モニターバリアングル式3.0型TFT液晶モニター(タッチパネル)、約104万ドット、視野角170°、視野率約100%、明るさ調整可能(マニュアル11段階)、カラーカスタマイズ可能
寸法(幅x高さx奥行き)約128×73.5×59.5 mm
質量約405 g(バッテリーおよびメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)、約350 g(本体のみ)

Follow me!