RF24mm F1.8 MACRO IS STM

キヤノンは、「RFレンズ」の新モデル【RF24mm F1.8 MACRO IS STM】を、8月26日に発売する。

焦点距離24mmの広い画角と強調しすぎない遠近表現により、静止画と動画の両撮影において、幅広いシーンで使用できるという広角単焦点レンズ。最大撮影倍率0.5倍、最短撮影距離0.14mのハーフマクロ撮影機能を備え、焦点距離24mmの広い画角を生かしたワイドマクロ撮影を行える。

このほか、レンズ内光学式手ブレ補正機構により5.0段(「EOS R」使用時、CIPA規格に準拠[Yaw/Pitch方向])、ボディ内手ブレ補正機構を搭載している「EOS R」シリーズのカメラとの組み合わせでは、カメラとレンズによる協調制御を実現し、「EOS R5」装着時は6.5段(CIPA規格に準拠[Yaw/Pitch方向])の手ブレ補正効果を発揮する。

主な仕様は、レンズ構成が9群11枚、絞り羽根枚数が9枚、最小絞りが22、最短撮影距離が0.14m、最大撮影倍率が0.5倍、フィルター径が52mm。

サイズは74.4×63.1mm(最大径×長さ)、重量は約270g。

直販価格は96,800円。

Follow me!