FUJIFILM X-H2

「Xシリーズ」のフラッグシップモデルとして、8K30p記録に対応したミラーレスカメラ「FUJIFILM X-H2」を、9月29日より発売する。ラインアップとして、ボディ単体と、「XF16-80mmF4 R OIS WR」をセットにしたレンズキットを用意。

新開発の裏面照射型約4,020万画素「X-Trans CMOS 5 HR」センサーと、高速画像処理エンジン「X-Processor 5」を搭載し、圧倒的な解像力を生かした静止画・動画撮影が可能なフラッグシップモデル。高速画像処理エンジン「X-Processor 5」を搭載しており、APS-Cを採用したミラーレスカメラで初めてとなる8K/30Pの動画撮影に対応する。

8K/30p 4:2:2 10bit記録に加え、8Kの豊富なデータ量から高品質な4K映像を生成する「4K HQ」モードも新たに搭載。さらに、ProRes 422 HQ・ProRes 422・422 LTの3つのApple ProResコーデックに対応。ProRes撮影時にはProRes 422 Proxyなどのプロキシ撮影も行なえる。

また、最速1/180000秒のシャッタースピードやISO125の常用感度を実現。4倍の解像力と忠実な色再現による撮影が可能な「ピクセルシフトマルチショット」と肌のレタッチを自動で行う「スムーススキンエフェクト」を「Xシリーズ」として初めて搭載。約1.6億画素の画像やなめらかな肌の画像を生成することが可能。

さらに、5軸・最大7段のボディ内手ブレ補正機能を搭載。夜景などの暗い撮影シーンでも、快適な手持ち撮影を可能にする。ファインダーには、倍率0.8倍、576万ドットの高倍率・高精細な0.5型有機ELのEVFを搭載。使用時に瞳の位置ずれにより発生する像流れやゆがみを抑制し、高い視認性を実現。表示フレームレート約120フレーム/秒のなめらかさで、被写体の速い動きを正確に把握できるという。

ディープラーニング技術を用いて開発した被写体検出AFを搭載。動物・鳥・車・バイク・自転車・飛行機・電車をAIで検出することが可能で、ピントを合わせたまま狙った被写体を自動的に追尾するため、シャッターチャンスや構図に集中して撮影できる。

記録メディアは、CFexpress Type BカードとSDカードに対応したデュアルスロットを採用。背面モニターは、バリアングル式タッチパネル3型液晶(約162万ドット)を搭載する。

静止画のバッテリー寿命は、エコノミーモード時が約680枚、ノーマルモード時で約540枚。

動画(実撮影)のバッテリー寿命は、8Kで約70分(29.97p時)、4Kで約75分(59.94p時)、フルHDで約85分(59.94p時)/約90分(120P時)。

サイズは136.3×84.6×92.9mm(幅×奥行き×高さ)。バッテリー、メモリーカード含む重量は、約660g。

店頭予想価格はボディ単体が26万円前後、「XF16-80mmF4 R OIS WR」のレンズキットが33万円前後。

Follow me!