VLOGCAM ZV-1F

ソニーは、Vlogなどの動画撮影に特化したVLOGCAMシリーズのデジタルカメラ【VLOGCAM ZV-1F】を10月28日から発売する。10月19日10時より予約受付を開始。

超広角20mm(35mm判換算)、開放F2.0の単焦点レンズを搭載したデジタルカメラ。自分や背景をより広く写すことや、複数人を同時に画角に収めることが可能という。撮像素子は、有効約2010万画素のメモリー一体1型積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」を採用した。開放F値2.0のレンズとの組み合わせにより、背景をぼかした主役が引き立つ映像や、暗い場所でもノイズの少ないクリアな映像を簡単操作で記録することできるとする。

肌を明るくきれいに撮影する「美肌効果」や、常に明るさをキープする「顔優先AE」を搭載。プリセットされている10種類のモードから好みのモードを選ぶだけで、動画と静止画の見た目や印象を変えられる「クリエイティブルック」も備えた。

このほか、動画専用の電子式手ブレ補正機能「アクティブモード」にも対応する。「アクティブモード」では撮影画角が少し狭くなる。記録フレームレートが120pになる記録方式および「スロー&クイックモーションフレームレート」が120fpsのときは、アクティブモードは無効になる。

タッチパネル式で3型のバリアングル液晶(92万1600ドット)の背面モニターを装備。さらに、操作性を一新し、スマートフォンのように、液晶画面上に表示される操作アイコンをタッチして操作できる。よく使う撮影設定メニューを画面のスワイプ操作で簡単に呼び出せるほか、画面をタッチして、画角を変えるズーム機能を操作することが可能。

切り替えボタンを押すだけで、スローモーションやクイックモーションの撮影が可能。映像のスピードを変えたプロのような映像表現で、日常のなにげない場面も、印象的で目を引く映像として残すことができる。スローモーション撮影では最大5倍スローのなめらかな映像を、クイックモーション撮影では最大60倍のスピード感ある映像を撮影できる。

動画撮影時も、セルフタイマー機能を使うことが可能。セルフタイマーのカウントダウン表示は、液晶パネルの中央に大きく示されるため、カメラとの距離がある状態で自撮りをしていても、カウントダウンする数字をしっかりと確認することができる。

このほか、動画撮影は、最大3840×2160/30pの4K動画記録に対応。外部記録媒体は、SDメモリーカード、メモリースティックをサポート。入出力端子はUSB Type-C、microHDMI、マイク端子(3.5mmステレオミニ)を装備。 ウインドスクリーンを装着できるコールドシューも備える。

サイズは105.5×46.4×60mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約256g(バッテリーNP-BX1、メモリーカードを含む)/約229g(本体のみ)。カラーは、ホワイト、ブラック。リチャージャブルバッテリーパック(NP-BX1)、USB Type-Cケーブル、ウインドスクリーン、ウインドスクリーンアダプターなどが付属する。

店頭予想価格は83,000円前後。

Follow me!