OM SYSTEM OM-5

OMデジタルソリューションズは、、防塵・防滴保護等級IP53、-10℃の耐低温性を備え、さまざまな撮影シーンで安心して使える「マイクロフォーサーズシステム規格」準拠のミラーレスカメラ【OM SYSTEM OM-5】を順次販売する。ペンタ部には「OM SYSTEM」のロゴをあしらった。

ボディ単体、および「OM SYSTEM OM-5 14-150mm II レンズキット」(「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II」付属)をそれぞれ11月より、「OM SYSTEM OM-5 12-45mm PRO レンズキット」(「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO」付属)を12月より発売。

125.3×49.7×85.2mm(幅×奥行き×高さ)、重量366g(本体のみ)の小型軽量ボディに5軸手ぶれ補正を内蔵し、各部にシーリングを施し、フラッグシップモデルである「OM SYSTEM OM-1」と同等という、防塵・防滴保護等級IP53、-10度の耐低温という高い耐候性能を備えた。レンズ交換時のイメージセンサー部へのゴミ、ホコリの付着によるトラブルを軽減するSSWF(スーパーソニックウェーブフィルター)も搭載した。

撮像素子に、有効約2037万画素の4/3型「Live MOSセンサー」を採用。画像処理エンジンは「TruePic IX(トゥルーピック ナイン)」を装備する。加えて、ボディに5軸手ぶれ補正を搭載し、最大6.5段、さらに対応レンズとの組み合わせによる「5軸シンクロ手ぶれ補正」により、最大7.5段の補正効果を実現する。

ボディ内5軸手ぶれ補正は動画撮影時にも動作。動画専用の電子手ぶれ補正を組み合わせることで、手持ちでも安定した4K動画を時間制限なく撮影可能。像面位相差AFセンサーの情報を活用した動画用のフォーカシング制御も行なっており、動画の特性に合ったスムーズなピント合わせを実現するという。

画面内のさまざまなポイントでフォーカシングが行える、121点オールクロス像面位相差AFセンサーを搭載し、高いフレーミングの自由度とピント合わせの高精度化を両立。また、「星空AF」を備えており、天体撮影時のピント合わせの高精度オートフォーカスが可能になったという。

「ハイレゾショット」「ライブND」「プロキャプチャー」「深度合成」「ライブコンポジット」「デジタルシフト」といった、コンピュテーショナル フォトグラフィ機能に対応。

「ハイレゾショット」では、複数枚の画像を合成して約5000万画素の高解像画像を生成する「手持ちハイレゾショット」に対応した。このほか、新たに縦位置動画をサポートし、カメラを縦位置にして撮影した場合、縦位置の動画ファイルとして保存できるようになった。

ハイレゾ対応のリニアPCMレコーダー「LS-P5」を接続することで、動画撮影時の音声を高音質で記録可能。スレートトーン発信機能によって動画編集時の音声データ同期も容易に行なえるという。

このほか、背面にはタッチ対応の3型2軸可動式液晶(約104万ドット)を、EVFにはアイレベル式OLEDビューファインダー(約236万ドット)を採用する。バッテリーはリチウムイオン充電池「BLS-50」を使用し、撮影可能コマ数は310枚(標準)/660枚(低消費電力撮影モード)。外部記録媒体は、SD/SDHC/SDXCメモリーカードに対応する。

インターフェイスは、USB microB端子ほか、HDMI micro、外部マイク用3.5mmステレオミニなど。

動画記録方式は、MOV(MPEG-4AVC/H.264)。4K動画は、4.096×2,160/24p(約237Mbps)、3,840×2,160/30p/25p/24p(約102Mbps)記録が可能。120fpsのハイスピード撮影はフルHD解像度でサポートする。

サイズは125.3×49.7×85.2mm(幅×奥行き×高さ、突起部含まず)、重量(付属充電池およびメモリーカード含む)は414g(アイカップなし)/366g(本体のみ)。カラーは、シルバー、ブラック。

価格はすべてオープンプライスで、ボディ単体の店頭予想価格は16万5,000円前後。

Follow me!