α7R V (ILCE-7RM5)

ソニーは、新開発のAIプロセッシングユニットを搭載し、高精度の被写体認識AF(オートフォーカス)性能と高解像を備えたフルサイズミラーレス一眼カメラ【α7R V (ILCE-7RM5)】を、11月25日から発売する。11月1日10時より予約受付を開始。

AI技術と新開発アルゴリズムによる新次元のAF性能と、最新の画像処理エンジン「BIONZ XR」と、有効約6100万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を採用したフルサイズミラーレス一眼カメラ。

AIプロセッシングユニットによるディープラーニング技術や処理能力が向上し、「リアルタイム認識AF」では、より高精度かつ多種類の被写体を認識。たとえば、人物を撮影する際、人物が複雑な姿勢であったり、顔が隠れていたりした場合も、最新の姿勢推定技術を用いて被写体を精度高くとらえ、追尾できるとのいう。これにより、人物の瞳の認識精度は、「α7R IV」比で約60%向上するとのこと。

また、認識できる被写体として、従来の人物、動物に加えて、 「α7R」シリーズとして新たに、鳥や昆虫、車や列車、飛行機も認識できるようになった。さらに、「α7R IV」より広い約79%(静止画撮影時)のエリアに、最大693点の像面位相差点を高密度に配置し、高精度なAFを実現するという。

有効約6100万画素の膨大なデータ量ながら、メカシャッターによる最高約10コマ/秒のAF/AE追従連続撮影に対応。連写中のファインダーやモニターへの表示タイムラグを限りなく低減することで安定したフレーミングが可能で、特に動きの激しい被写体の撮影に有効という。また、フルサイズでの撮影時もAPS-Cフォーマットでの撮影時も同じ画素数でM/Sサイズで記録される。これにより、同じ撮影シーンで画像解像度を変えることなく、フルサイズ/APS-Cフォーマットのシームレス切り替えが可能。APS-Cモードでの撮影時や撮影後のAPS-Cフォーマットへのクロップ時も約2620万画素の解像度が確保できるため、例えば飛んでいる鳥の撮影などでも高画質な撮影が楽しめるとする。

さらに、進化したボディ内光学式5軸手ブレ補正ユニットおよび手ブレ補正アルゴリズムにより、α史上最高の8段(※3)の手ブレ補正効果に対応。撮影感度を上げたくない室内や夜景撮影などのスローシャッターでの手持ち撮影に効果を発揮する。また、電源オン直後や構図変化時の補正レスポンスが向上するなど、使い勝手も向上した。

高解像度8K(7,680×4,320ドット)/24pの動画記録をサポートし、HEVC/H.265コーデックの記録フォーマットXAVC HS方式で内部記録できる。4K動画記録時は、表現や用途に合わせて、フルサイズとSuper 35mmから選択可能。Super 35mm(APS-Cサイズ相当 16:9)の画面領域では、画素加算のない全画素読み出しにより、4K(QFHD:3,840×2,160ドット)動画に必要な画素数の約2.6倍(Super 35mm、30pまたは24p撮影時)の豊富な情報量から4K映像で記録。モアレやジャギーが少なく、ディテールの再現性や解像感にすぐれるという。

新開発4軸マルチアングル液晶モニター(タッチ対応、3.2型、約209万ドット)を搭載。従来のチルト液晶モニターと横開きバリアングル液晶モニターの利便性を兼ね備えたという。モニターを上方向約98度、下方向約40度、横方向に180度まで開けることができる。

クラス最高解像度の約944万ドットの高精細OLEDを採用し、従来比約1.6倍の高解像度化を実現したほか、接眼光学系や機構も大幅に進化した0.64型電子ビューファインダー(EVF)を搭載。世界最大0.90倍のファインダー倍率、撮影画像の対角視野角約41度(全表示領域では約43度)、25mmのハイアイポイントと周辺までの歪みの低減で、快適な高解像撮影を実現。

外部記録媒体のサポートでは、スロット1(上)、スロット2(下)ともに、CFexpress Type AメモリーカードとSDXC/SDHCメモリーカード UHS-II/UHS-Iに対応する。

バッテリーは、リチャージャブルバッテリーパック「NP-FZ100」を使用。静止画撮影可能枚数は、ファインダー使用時が約440枚、液晶モニター使用時が約530枚。

サイズは131.3×72.3~82.4×96.9mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約723g(バッテリーとメモリーカードを含む)、約638g(本体のみ)。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は56万円前後。

Follow me!