LAOWA 12-24mm F5.6 ZOOM

サイトロンジャパンは、Anhui ChangGeng Optical Technology(Venus Optics)のレンズブランド「LAOWA」より、フルサイズ向け超広角ズームレンズ【LAOWA 12-24mm F5.6 ZOOM】を、11月4日に発売する。

84~121度の広い画角を備えた超広角ズームレンズ。ズームリングはなめらかに操作可能で、スムーズな画角の調整が可能とのこと。室内の撮影から広大なフィールドの撮影まで、さまざまなシーンで活躍するという。

また、15cmという非常に近い最短撮影距離を実現しておりますので、浅い被写界深度により被写体を強調させた興味深いショットが撮影可能。

対応マウントは、ライカM用、ソニーFE用、ニコンZ用、キヤノンRF用を用意。

主な仕様は、焦点距離が12~24mm、絞り範囲(F値)がF5.6~22、画角が84~121.9度、フォーマットがフルフレーム、レンズ構成が11群15枚(非球面レンズ2枚、EDレンズ3枚を含む)、絞り羽根枚数が5枚、最短撮影距離が15cm、最大撮影倍率が0.4倍、フォーカシングがMF、フィルター径が77mm。

ライカM用のサイズは約69.4×84mm(直径×長さ)、重量は約497g(レンズフード、レンズキャップを含まず)。

店頭予想価格は、ライカM用が140,000円前後。ソニーFE用、ニコンZ用、キヤノンRF用が各130,000円前後。

Follow me!