FUJIFILM X-T5

富士フイルムは、独自の色再現技術による卓越した画質と小型軽量を実現する「Xシリーズ」の最新モデルとして、ミラーレスカメラ【FUJIFILM X-T5】を11月25日から発売する。ボディ単体に加えて、 レンズキット(「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」付属)をラインアップ。

「Xシリーズ」第5世代の裏面照射型約4020万画素「X-Trans CMOS 5 HR」センサー(APS-Cサイズ)・高速画像処理エンジン「X-Processor 5」を採用したミラーレスデジタルカメラ。重量は約557gのコンパクトボディに5軸・最大7.0段のボディ内手ブレ補正機能やAIによる被写体検出AF、最短約0.02秒の高速AFを搭載。シャッタースピードなどの3つのダイヤルや3方向チルトの液晶モニターを装備する。「X-Tシリーズ」の特長である「センターファインダースタイル」と「ダイヤルオペレーション」を採用。184万ドットの3方向チルト液晶モニターを搭載し、縦位置やウエストレベルで快適な撮影が行えまる。このほか、6.2K/30P 4:2:2 10bitでの映像記録に対応。ファインダー倍率0.8倍・369万ドットのEVF、SDカード対応のデュアルスロットなどを備える。

「Xシリーズ」第五世代の裏面照射型約4020万画素「X-Trans CMOS 5 HR」センサーを搭載。像処理のアルゴリズムを刷新したことで、高いS/N比を維持したまま高解像を実現。画素構造の改良により多くの光を効率的に取り込めるため、画素構造の改良により多くの光を効率的に取り込むことができるため、従来モデルでは拡張感度であったISO125を常用感度として利用可能。また、露光時間の制御を高い精度で実現したことで、電子シャッターのシャッタースピードを最速1/180000秒に設定でき、幅広いシーンで大口径レンズを用いた絞り開放での撮影が行えまるという。加えて、高速画像処理エンジン「X-Processor 5」も備えた。

肌のレタッチを自動で行う「スムーススキンエフェクト」を搭載。ポートレート写真などで行われるレタッチの手間を軽減することができ、より短時間で完成度の高い画像データを作成できる。

ディープラーニング技術を活用したオートホワイトバランスを採用。AIにより、オレンジがかった暖かみのある電球色を正確に識別し、より精度の高いホワイトバランスを実現。

多彩な色調を可能とする「フィルムシミュレーション」に、高彩度かつ柔らかい階調表現を特長とする「ノスタルジックネガ」など全19種類のモードを搭載。

4倍の解像力と忠実な色再現による撮影が可能な「ピクセルシフトマルチショット」を搭載しました。ボディ内手ブレ補正機能によりイメージセンサーを超高精度にシフトさせ自動撮影を行うことで、1回のシャッターで20枚の画像を取得。さらに専用ソフトウエア「Pixel Shift Combiner」を用いて、取得した画像を処理することにより、約1.6億画素の画像を生成できるため、コマーシャルフォトや文化財のデジタルアーカイブ用途に最適。

ディープラーニング技術を用いて開発した被写体検出AFを搭載。動物・鳥・車・バイク・自転車・飛行機・電車をAIで検出する。ピントを合わせたまま、ねらった被写体を自動的に追尾するため、シャッターチャンスや構図に集中して撮影を楽しめるとのこと。

また、イメージセンサーの高画素化によって、位相差画素の数が従来モデルから増加したことで、動物の毛や細かい葉っぱなどの高周波な被写体に対して、AF-Sの合焦精度が向上したのも特徴。風景やポートレート撮影などで、より正確なピント合わせが可能。進化したAFの予測アルゴリズムを採用し、AF-C使用中も安定したフォーカシングを行える。

このほか、5軸・最大7.0段のボディ内手ブレ補正機能を搭載。ボディ天面には、ISO感度・シャッタースピード・露出補正という3つのダイヤルを装備する。

動画撮影では、6.2K/30p 4:2:2 10bitでのカメラ内SDメモリーカード記録をサポート。6.2Kの豊富なデータ量から高品質な4K映像を生成する「4K HQ」モードにも対応する。さらに、階調豊かな映像記録が可能な「F-Log2」を搭載。HDMI経由では、最大6.2K/30p 12bitのRAWデータ出力が可能。

ボディは、防塵、防滴、耐低温-10度の耐低温構造を採用。背面には、タッチ対応で3型の3方向チルト液晶モニター(約184万ドット)を装備。電子ビューファインダー(EVF)は、ファインダー倍率0.8倍で0.5型の有機ELファインダー(約369万ドット)を備える。外部記録媒体では、SDメモリーカード対応のデュアルスロットを備えた。

バッテリーは、充電式バッテリー「NP-W235」を使用。静止画撮影可能枚数(「XF35mmF1.4R」使用時)は、エコノミーモード時が約740枚、ノーマルモード時が約580枚。

サイズは129.5×37.9~63.8×91mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約557g(バッテリー、 メモリーカード含む)、約476g(バッテリー、 メモリーカード含まず)。カラーは、シルバー、ブラック。

店頭予想価格は、ボディ単体が253,000円前後、レンズキットが319,000円前後。

Follow me!