TTArtisan M-Z 6bit

焦点工房は、「銘匠光学」より、マウントアダプター【TTArtisan M-Z 6bit】を11月4日に販売開始すると発表した。

ライカMマウントレンズをニコンZマウントカメラに装着するためのマウントアダプター。6bitコード方式に対応したレンズを装着した場合、焦点距離をExif情報として画像に自動記録し、ボディ内手ぶれ補正を適切に動作させるための「手ブレ補正焦点距離」を自動で設定する。

レンズに6bitコードが無い場合、アダプター側面のダイヤルからレンズの焦点距離情報(135mm、90mm、75mm、50mm、35mm、28mm)を切り替え可能で、ダイヤルはクリック付きで誤作動を防止する。

ピントリング操作時に、合焦したタイミングで自動でシャッターが切れる「トラップフォーカス機能」を使用可能。「AF-Sモード」でシャッターボタンを押したままにすると動作する。置きピンで撮影する際にも、自動でシャッターが切れるため、シャッターチャンスを逃さずに動く被写体を気軽にとらえられるという。

自動でシャッターを切りたくない場合は、合焦をお知らせするだけの「フォーカスエイド表示」に切り替えることも可能。「MFモード」で動作する。

レンズ交換(ダイヤル操作)後は、アダプター側面のリセットボタンで簡単に記録情報の変更ができる。

サイズは65×16mm(直径×長さ)、重量は約56g。

価格は17,600円

Follow me!