MCRO APO-LANYHAR 65mm F2 Aspherical

コシナは、ニコン Zマウントを採用したフルサイズ(ニコン FXフォーマット)ミラーレスカメラ対応の大口径マクロレンズ【MACRO APO-LANYHAR 65mm F2 Aspherical】を、11月24日より販売する。

光の3原色を構成するRGBの軸上色収差を限りなくゼロに近づけるアポクロマート設計を採用することで、絞り開放からシャープな結像性能を示し、最短撮影距離から遠方のモチーフまで極めて優秀な画像品質を得られるという。撮影位置に応じてレンズ群を独立して動かすフローティング機構も採用する。レンズマウント部には、電子接点を搭載した。

主な仕様は、焦点距離が65mm、口径比が1 : 2、最小絞りがF22、レンズ構成が8群10枚、画角が38度、絞り羽根枚数が10枚、最短撮影距離が0.31m、最大撮影倍率が1:2、フィルター径が67mm。

サイズは78×88.8mm(最大径×全長)、重量は618g。

Follow me!