オリンパス株式会社は、同社のミラーレスカメラをWebカメラとして使えるパソコン用ソフト【OM-D Webcam Beta】を無償公開しました。

対応のカメラをUSBケーブルでパソコンに接続することで、ミラーレスカメラならではの高画質な映像を手軽にWeb会議で使えるという。なお、現時点ではベータ版のため、動作保証やユーザーサポートの対象外となっています。

対象機種は、OM-D E-M1X、OM-D E-M1、OM-D E-M1 Mark II、OM-D E-M1 Mark III、OM-D E-M5 Mark II。

対応OSはWindows 10(32bit、64bit)。日本語と英語に対応します。

キャノン『EOS Webcam Utility Beta』やニコン『SparkoCam』(社外の汎用ソフト)、パナソニック『LUMIX Tether』なども同等のソフトを提供しています。

Follow me!