NIKKOR Z 40mm f/2 (SE)

ニコンイメージングジャパンは、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ/FXフォーマットミラーレスカメラ対応の小型・軽量単焦点レンズ【NIKKOR Z 40mm f/2 (SE)】を2023年1月20日に発売する。2022年12月16日10時から予約を開始。

「ニコンZ fc」と統一感のあるヘリテージデザインを採用した小型・軽量の標準単焦点レンズ。「(SE)」は「Special Edition」を意味し、「Z fc」にさまざまな要素を取り込んだ、フィルム一眼レフカメラ「ニコン FM2」(1982年発売)と同時期に発売されたNIKKORレンズのデザインを踏襲する。ローレット加工を施した存在感のあるコントロールリングが特徴。

光学性能は「NIKKOR Z 40mm f/2」と同等で、開放F値2と明るく、円形に近いきれいなボケを活かした表現が気軽に楽しめる。全長約45.5mm、質量約170gと小型・軽量で持ち運びに優れている。焦点距離40mmの汎用性が高い標準画角で、ボケを活かしたポートレートをはじめ、スナップや静物など幅広い撮影シーンに活用できる。また、「Z fc」などのAPS-C/DXフォーマットのカメラボディーに装着した場合は、60mm相当(35mm判換算)の中望遠画角で、被写体を立体的に際立たせた撮影が可能。

「STM(ステッピングモーター)」を採用し、小型化と、高速・高性能かつ静寂なAF制御を実現。また、「コントロールリング」に絞り値や露出補正などの機能の割り当てが可能。さらに、静粛性に優れ、フォーカス時の画角変化(フォーカスブリージング)の抑制や露出の安定化など動画撮影に配慮した設計となっている。加えて、防塵・防滴に配慮した設計も施した。

このほか主な仕様は、焦点距離が40mm、最大口径比が1:2、レンズ構成が4群6枚(非球面レンズ2枚)、画角が57度(撮像範囲 FX)/38度50分(撮像範囲 DX)。

サイズは71.5×45.5mm(最大径×長さ)、重量は約170g。

価格は45,210円。

マウントニコン Z マウント
焦点距離40mm
最大口径比1:2
レンズ構成4群6枚(非球面レンズ2枚)
画角57°(撮像範囲 FX)
38°50’(撮像範囲 DX)
寸法約71.5mm(最大径)×45.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量約170g

Follow me!