LAOWA Argus 18mm F0.95 MFT APO

サイトロンジャパンは、Anhui ChangGeng Optical Technology(Venus Optics)のカメラレンズブランド「LAOWA」から、マイクロフォーサーズ用レンズ【LAOWA Argus 18mm F0.95 MFT APO】を、1月20日に発売する。

開放絞りF0.95を実現したマイクロフォーサーズカメラ用レンズ。APO設計の採用により、色収差を補正したクリアな画像を楽しめるという。また、背景のやわらかな心地よいボケ味を提供するとのこと。インナーフォーカス機構によりブリージングを最小限に抑えるため、動画撮影にも適する。

ピントの合った部分はシャープに保ちながら、ピントの合っていない部分については芸術的なボケ味を楽しめるという。9枚の絞り羽根によって得られる夢のようなボケ味は、ポートレート撮影に最適。

人間の視覚に近い自然な61.9度という画角を特徴とするMFTセンサーの18mmの焦点距離は、35mmフルサイズ換算で約35mmに相当。セミワイドの焦点距離は、ポートレート撮影や風景写真、スナップ撮影など非常に幅広く使える。

2枚のEDレンズと4枚の高屈折率レンズを含む8群14枚のレンズ構成を採用した。APO設計により、ピントが合っている部分とボケの部分の両方で、画面全体の色収差を抑制。また、絞り全域でパープルフリンジやゴーストを最小限に抑制。よりコントラストの高く明瞭な表現を実現した。

クリックレス切替え機能を採用。スイッチを操作することで、絞りリングのクリックの有無が切替え可能。

主な仕様は、焦点距離が18mm、絞り範囲(F値)がF0.95~F11、画角が61.9度、フォーマットがマイクロフォーサーズ、レンズ構成が8群14枚(EDレンズ2枚を含む)、絞り羽根枚数が9枚、最短撮影距離が20cm、最大撮影倍率が0.15倍、フォーカシングがマニュアルフォーカス、フィルター径が62mm。

サイズは約80×83mm(直径×長さ)、重量は約500g。

店頭予想価格は86,000円前後。

Follow me!