55NANO95JNA

8Kチューナーを内蔵した55型液晶テレビ【55NANO95JNA】が、販売されました。

解像度7,680×4,320ドットの8K対応NanoCellパネルを採用。8Kチューナー内蔵の液晶テレビとしては最小サイズとなる55型で、「これまでは高価で、サイズも大きいという印象があった8Kテレビの中で、サイズ・価格ともに“手の届く8Kテレビ”として、より高精細でリアルな映像をお手軽にご視聴いただける」という。チューナーはBS 8K×1、BS/110度CS 4K×2、地上/BS/110度CSデジタル×3を搭載。

映像エンジンは、人工知能を統合させた最新AI対応「α9 Gen3 AI Processor 8K」を搭載。何百万もの映像ソースを学習したAIプロセッサーで、「あらゆる映像を高精細に映し出し、今までにない映像美を生み出す」という。

8K映像の入力信号は7,680×4,230(23.98/24Hz、29.97/30Hz、25/50Hz、59.94/60Hz)、4K映像入力信号は3,840×2,160p(23.98/24Hz、29.97/30Hz、25/50Hz、59.94/60Hz)、4,096×2,160p(23.98/24Hz、29.97/30Hz、25/50Hz、59.94/60Hz)に対応。ただし、4K/60Hz映像の場合は18Gbps伝送に対応するケーブル、8K/60pには48Gbps伝送に対応するHDMIケーブルが必要。

「AIサウンドプロ」が、今見ている映像のジャンルを分析。それぞれに合わせたサウンドに最適化しつつ、臨場感あふれる5.1chのバーチャルサウンドに変換。Dolby Atmosに対応し、「映像世界の内側にいるかのような没入体験を実現する」という。

「2020年発売の最新ゲーム機も快適にプレイが可能」とし、HDMI2.1に準拠したALLM/eARCや、ゲーム用HDR規格HGiG(HDR Gaming Interest Group)にも対応。HGiGをサポートするゲームで白飛び黒つぶれを防ぎ、「最高のHDRゲーム体験を提供する」という。

HDRは「Cinema HDR」を搭載。Dolby Vision、HDR10、HLGをサポート。Dolby Vision IQにより、周囲の明るさに合わせて画面の輝度を自動調整する機能も備えている。

USB HDDを接続したの録画にも対応。テレビに話しかけるだけで基本操作ができるハンズフリー音声認識や、幅広いジャンルのネット動画アプリにも対応。

入力端子はHDMI×4、コンポーネント/ビデオ×1、光デジタル音声×1、USB×3、LAN×1を装備。ヘッドフォン出力も備えている。

スタンドも含めたサイズは、123.5×28.7×77.5cm(幅×奥行き×高さ)で、重量は20.8kg。消費電力は250W。年間消費電力量は219kWh/年。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は30万円前後。

Follow me!