HA-FX100T

ビクタースタジオ監修の完全ワイヤレスイヤホン【HA-FX100T】が、販売されました。

HA-FX100T

JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントが運営するビクタースタジオのエンジニアが音質を監修。JVCケンウッドがこれまで培ってきた音響設計技術に、音楽制作現場に携わるスタジオエンジニアの知見を加えることで「プロが認めた音」に仕上げるとともに、「Tuned by VICTOR STUDIO」のロゴを付与。「そのこだわりの思いを込めた」という。

HA-FX100T

小型ボディだが、ドライバーユニットの背面に音響のための空間を確保。「心地よいゆとりのある低音とワイドレンジな音を実現する」という。

Bluetoothのコーデックは、SBC/AAC/aptXに対応。Qualcomm TrueWireless Stereo Plusに対応。Bluetooth Ver.5.1およびPower Class 1に対応するとともに、高性能LDSアンテナも採用。安定したワイヤレス接続を実現。

軽いタッチで操作できるタッチコントロールを採用し、 操作時にイヤホンの位置がずれるストレスを低減。音によるフィードバックにより確実な操作をアシストするという。ボリューム調整、再生/一時停止、曲送り/曲戻し、電源のオン/オフやBluetoothのペアリングなどの操作のほか、スマホの音声アシスタント機能の起動にも対応。

一度ペアリングを完了させた端末であれば、充電ケースからイヤホンを取り出すだけで電源が入り、自動でワイヤレス接続できます。

HA-FX100T

片側で約4.5gの小型・軽量ボディを採用。シンプルな円筒形のデザインで、快適な装着感を実現。イヤホン本体にはマグネットが内蔵されており、左右イヤホンンの連結も可能。紛失防止に役立つという。

HA-FX100T

本体のみで約8時間の連続再生が可能。充電ケースによるフル充電(約8時間×2.5回)を合わせて最大28時間の再生ができる。10分の充電で約1時間再生するクイック充電にも対応。

イヤホンを着けたままでも会話できる、タッチ&トーク機能を搭載。ワンタッチで音量を下げるとともにマイクで外音を取り込み、会話がしやすくなります。

リモート会議や電話での通話時(HFP/HSP接続時)に、声の帯域が聞き取りやすくなるように自動で音質が切り替わる「はっきり音声」も搭載。Qualcomm cVcノイズキャンセルテクノロジーと、MEMSマイクの採用により、ノイズを抑えたクリアなハンズフリー通話も可能。片耳だけ使用も可能。

付属のイヤーピースは、イヤーピース内壁に設けたディンプルにより、音質劣化の原因となるイヤーピース内の反射音を拡散させ、音のにごりを抑制する「スパイラルドットイヤーピース」を採用。5つのサイズ(S、MS、M、ML、L)を付属。雨や水しぶきに強い生活防水仕様(IPX4相当)。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は15,000円前後。

Follow me!