KC62 Uni-Core

特許出願中の新技術「Uni-Coreテクノロジー」を搭載したサブウーファー【KC62 Uni-Core フォースキャンセリング・サブウーファー】が、販売されました。

6.5インチドライバー×2とクラスDアンプを搭載したサブウーファー。出力は1,000W RMS(2×500W RMS)。再生周波数帯域は11Hz~200Hz、最大音圧レベルは105dB。使用電力は1,000W。

「Uni-Coreテクノロジー」は、サブウーファー、またはスピーカーキャビネットの体積を大幅に削減しながら、高レベルのパフォーマンスを可能にするもの。ボイスコイルを同心円状に配置し、単一のモーターシステムを通じて、ふたつのドライバーを組み合わせています。これによりキャビネットサイズを1/3以上小型化しながら、最小限のスペースでパワフルかつ深みのある低音再生を可能にしました。

同じく特許出願中のドライバーエッジ「P-Flexエッジ」も採用。従来のエッジデザイン同様、感度を制限することなくキャビネット内の音圧に抵抗するといい、これを実現するために日本の折り紙にヒントを得た独自のプリーツ加工が施されています。

「スマート・ディストーション・コントロール・テクノロジー」を搭載。信号とアンプ、ドライバー間のインタラクションを減らし、歪みの原因を大きく減少させます。

RCA(フォノ)とスピーカーレベル入力を装備し、ほぼすべてのオーディオシステムで使用可能という。出力としてHPF(ハイパスフィルター)を備えたライン出力も備えています。キャビネットはアルミニウム製。

プリセットとして5つのルーム配置イコライゼーション機能(フリースペース、壁側、コーナー、キャビネット内、集合住宅)も搭載されています。

サイズは、リアパネルと脚部を含めて256×248×246mm(幅×奥行き×高さ)。重さは14kg。カラーはカーボンブラックとミネラルホワイトの2種。価格は187,000円。

Follow me!