NEO iDSD

DAC兼ヘッドホンアンプ【NEO iDSD】が、販売されました。

NEO iDSD

最大768kHzまでのPCM、およびDSD 512、MQAフルデコードに対応しており、「洗練された回路が家庭環境のあらゆるオーディオ・フォーマットに煌めくような音をお届けします」という。

筐体はアルミニウム製で、横置きだけでなく、付属のスタンドを使っての縦置きにも対応。OLEDディスプレイを搭載し、再生しているフォーマットやボリュームレベルなどを表示。ディスプレイは筐体の横置き/縦置きを認識し、表示を自動で切り替えます。

NEO iDSD

固定ライン出力、可変ライン出力、ヘッドフォン出力と3つの動作モードを備える。固定ライン出力のDACとして使用すれば、プリメインアンプやプリアンプに接続可能。可変ライン出力を備えたDAC&プリアンプとして使う場合は、パワーアンプ、アクティブスピーカーとの接続に最適という。

USB3.0 Type-B×1、同軸デジタル×1、光デジタル×1と、3つのデジタル入力端子を装備。これら3つに同時接続ができるほか、Bluetooth 5.0にも対応。

出力はXLRバランス×1、RCAアンバランス×1を本体背面に、4.4mmバランス×1、6.3mmアンバランス×1を本体前面に備えています。

バーブラウンのDACチップを基本にしつつ、新開発の低レイテンシーXMOSマイクロコントローラーを採用。これにより、USB接続時はDXD 768kHz/32bit、PCM 765kHz/32bitに加え、DSD 512/256/128/64をサポート。MQAフルデコードも可能。光/同軸デジタル接続時は最大192kHzのPCMとMQAフルデコードに対応。

Bluetoothには、クアルコム製「QCC5100」と専用回路を組み合わせた「Bluetoothエンジン」を使用。aptX HDやaptX Adaptiveに加え、LDACやLHDCなど、「現行のすべてのハイレゾBluetoothオーディオ・コーデック」をサポート。aptXやAAC、SBCフォーマットにも対応。

ライン出力のインピーダンスは、XLRが100Ω以下、RCAが50Ω以下。ヘッドホン出力は4.4mmバランスは68.6mW以上(600Ω)、1040mW以上(32Ω)。6.6mmアンバランスが17.6mW以上(600Ω)、295mW以上(32Ω)。

サイズは214×146×41mm、重さは970g。価格は95,000円。

Follow me!