SU-G700M2

「テクニクス」ブランドのプリメインアンプとして、フルデジタル構成のステレオインテグレーテッドアンプ【SU-G700M2】が、販売されました。

従来機種「SU-G700」の音楽表現を継承しながら、最上級クラスであるリファレンスクラス「SU-R1000」で開発した、高速応答・低ノイズ電源「Advanced Speed Silent Power Supply」を採用し、「力強いスピーカー駆動と躍動感あふれる低域再生を実現する」というモデル。

また、筐体内部を3分割した構造や、ボトムシャーシを鋼板2層とした高剛性シャーシを継承しつつ、音質向上に寄与するパーツを見直して各所に採用。「高純度で解像度がさらに向上した音を実現する」と同社では説明。「これらにより、鮮明でエネルギーにあふれた音楽再生を楽しめる」とのこと。

さらに、PHONO入力はMM型カートリッジに加えて、MC型カートリッジにも対応。アナログ音源からデジタル音源まで、さまざまなソースや周辺機器に対応する点も特徴。

このほか、アンプ部の定格出力は、70W+70W(1kHz、T.H.D. 0.5%、8Ω、20kHz LPF、JEITA)、140W+140W(1kHz、T.H.D. 0.5%、4Ω、20kHz LPF、JEITA)、推奨負荷インピーダンスは4~16Ω。

サイズは430×428×148mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約12.7kg。カラーは、シルバー、ブラックを用意。

価格は298,000円。

Follow me!