WATCH FIT new

睡眠/心拍数/ストレスモニタリング機能を搭載したスマートウォッチ【WATCH FIT new】が、販売されました。

前モデルに引き続き、血中酸素濃度の測定に対応するほか、睡眠や心拍数、ストレスといった健康管理に役立つモニタリング機能を新たに搭載した。また、GPSを内蔵し、ウォーキングやランニングなどの位置データをリアルタイムに記録できる。

6分間の職場でのエクササイズ、10分間の腹筋の引き締め、12分の体幹ワークアウトなど、フィットネスコースが12種類内蔵されており、さまざまな動作デモ動画を画面で確認できる。さらに、ランニングやサイクリング、プールといった12種類のワークアウトモードを備え、モニタリングによるデータ分析/記録が可能。

WATCH FIT new

ディスプレイは456×280ドット表示対応の1.64型AMOLEDで、画面占有率は70%と大画面で操作しやすくした。また、明るい日差しの下でも鮮やかな画面表示を保てるとしている。Bluetooth 5.0+LEに対応し、連携対応OSはAndroidが6.0以降、iOSが9.0以降。

サイズは30×10.7×46mm(幅×奥行き×高さ、バンドを除く)。重量は約34g(ベルトを含む)。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万5,180円。

Follow me!