AQUOS XLED

シャープは、新開発の「mini LED バックライト」を搭載した、8K液晶テレビ【AQUOS XLED DX1】シリーズおよび4K液晶テレビ【AQUOS XLED DP1】シリーズを発表した。

8Kモデル【AQUOS XLED DX1】のラインアップと発売日

・85型【8T-C85DX1】 店頭予想価格176万円前後 2021年12月10日発売
・75型【8T-C75DX1】 店頭予想価格82.5万円前後 2021年12月10日発売
・65型【8T-C65DX1】 店頭予想価格66万円前後 2021年12月10日発売

4Kモデル【AQUOS XLED DP1】のラインアップと発売日

・65型【4T-C65DP1】 店頭予想価格44万円前後 2021年12月10日発売
・55型【4T-C55DP1】 店頭予想価格36.3万円前後 2022年2月26日発売

AQUOS XLED

いずれも、光源であるバックライトに小型のLED(mini LED)を採用したのが特徴。たとえば、【4T-C65DP1】の場合、同社従来機比で「約72倍」の数のmini LEDを高密度に敷き詰めたという(2021年発売の4Kテレビ「4T-C65DN1」との比較。「4T-C65DP1」のmini LEDの個数は約8000個。8Kテレビの場合は数値が異なる)。

また、新開発の「アクティブmini LED駆動」技術によって、表示する映像に応じて、エリアごとの明暗をきめ細かく制御することで、高いコントラストとピーク輝度を実現。

AQUOS XLED

パネル部には、バックライトの光波長を変換する「量子ドットリッチカラー」技術も新たに採用した。ナノサイズの半導体粒子である量子ドットによる光波長変換技術を使い、バックライトの青色光から純度の高い3原色(RGB)を生成することで、広色域と色鮮やかな映像表現を可能にした。

AQUOS XLED

さらに、コントラスト表示性能をさらに高める新設計回路「フレアブライトネス」も装備する。独自のバックライト最適制御技術を応用することで、「まるで目の前に実物があるかのような、豊かな明暗表現力のある映像を再現できる」という。

音質面では、スピーカーシステムを刷新。例として、【AQUOS XLED DX1】では、画面下部に加えて、上部およびサイド(サイドスピーカーは【AQUOS XLED DX1】のみに搭載。【AQUOS XLED DP1】は、画面下部および上部にスピーカーを配置)にもスピーカーを配置した新開発の「ARSS+」(AROUND SPEAKER SYSTEM PLUS)音響システムが「イマーシブ(没入感のあるさま)な音場を実現する」という。

AQUOS XLED

このほか、【AQUOS XLED DX1】では、映像と背景の境界を約0.2cmまで狭額縁化した「フローティングディスプレイ」デザインを採用する。

【AQUOS XLED DX1】の主な仕様は、画面解像度が7680×4320ドット。HDRをサポートし、「HDR10」「Dolby Vision」「HLG」規格に対応する。チューナーは、BS8Kチューナー×1、BS4K/110度CS4Kチューナー×2、地上/BS/110度CSデジタルチューナー×3を装備。外付けHDDを使った録画機能も搭載する。

消費電力・年間消費電力は、85型が約602W・421kWh/年、75型が約547W・388kWh/年、65型が約391W・327kWh/年。

スタンドを含めたサイズ/重量は、85型が187.7×34.3×113.2cm(幅×奥行き×高さ)/約60kg、75型が165.5×31×100.9cm(同)/約45kg、65型が143.3×26.4×88.2cm(同)/約32kg。

【AQUOS XLED DP1】の主な仕様は、画面解像度が3840×2160ドット。HDRをサポートし、「HDR10」「Dolby Vision」「HLG」規格に対応する。チューナーは、BS4K/110度CS4Kチューナー×2、地上/BS/110度CSデジタルチューナー×3を装備。外付けHDDを使った録画機能も搭載する。

65型の消費電力は約357W、年間消費電力量は200kWh/年。

スタンドを含めたサイズと重量は、144.2×29×89.6cm(幅×奥行き×高さ)で、約39kg。55型は未定。

Follow me!