ATH-HL7BT

オープンエアー構造とワイヤレスを両立することで目の前に広がる音の臨場感と解放感のある着け心地を実現し、音楽や映像に没入できるワイヤレスヘッドホン【ATH-HL7BT】が、販売されました。

オンラインライブの広がりや360 Reality Audioなどの空間オーディオに対応した楽曲が増加するなど、家庭で楽しめるさまざまな音楽や映像が展開されていることを受け、“自宅でのエンターテインメントをより良い音で快適に楽しめるワイヤレスヘッドフホン”を目指し開発。

最大の特徴は、解放的なリスニングスタイルを実現すべく、ワイヤレスヘッドホンではめずらしいオープンエアー構造の採用。「周りの空気とともに自然な音の鳴りや広がり、余韻まで感じることができる」としている。さらに、専用アプリ「Connect」上でカスタマイズしたイコライザーを、ほかのユーザーと共有できるシェア機能を同社ワイヤレスヘッドホンで初めて搭載した。重量約220gの軽量性も特徴。

自然で豊かな音響特性により、広帯域再生を実現する53mm径の大型ドライバーを搭載。高音質を導く高品位Hi-Fi DAC&ヘッドホンアンプを搭載しており、迫力のある低域と美しい中高域をクリアに再現するという。

「ホームユースのワイヤレスヘッドホンとして最軽量クラス」を謳う約220gの重量を実現。ヘッドホンと頭部が接触する面積を大きく取ることで装着時の負担を分散。側圧も軽く、締め付け感がなく自然に身に着けられるため、ソファなどでくつろぎながら、動画や音楽に長時間没入することができるとしている。耳に触れるレイヤーはソフトなクッション材で装着性を高め、音を伝えるレイヤーは硬めのクッション材で音響パフォーマンスを高める2層構造のイヤーパッドを採用する。

Bluetooth 5.0準拠。対応コーデックはAACとSBCで、プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSPをサポートする。マルチポイントに対応し、2台のBluetooth機器へ同時接続できる。ワンセグのワイヤレス視聴が行なえるSCMS-Tに対応するほか、電源ON/OFFや電池残量レベルを知らせる音声ガイド機能を備える。

MEMSマイクを搭載しており、ビームフォーミングマイク技術を使うことで周囲の雑音が多い状態でもクリアな通話が行なえる。

専用アプリ「Connect」に対応し、ヘッドホンのイコライザー設定から、音質や音量レベル、音のバランスなどを自分好みにカスタマイズできる。さらにカスタマイズしたイコライザーを、ほかのユーザーと共有できるシェア機能に対応。自身のイコライザー設定をSNSで共有したり、他の人のイコライザー設定を取り込んで楽しむことができる。

最大連続再生時間は約20時間で、充電時間は約1.5時間。約10分の充電で約150分間の連続再生が可能な急速充電に対応する。充電が切れても付属コードにより有線接続でも利用できる。

再生周波数帯域は5Hz~40kHz。出力音圧レベルは100dB/mW。インピーダンスは48Ω。重量は約220g。充電用USBケーブル(30cm)、3.5mmステレオミニケーブル(2m/L字)などが付属する。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は約2万円。

Follow me!