FILMMAKER MODE

LGエレクトロニクス・ジャパンは、2020年以降に日本国内で展開しているテレビ向けに、Amazon Prime Videoのコンテンツを「FILMMAKER MODE」に自動で切換え、視聴できるソフトウェアアップデートを実施する。

対象シリーズは、2020年以降に日本国内で発売された、webOS 5.0およびwebOS 6.0以上の有機ELテレビ、液晶テレビ。テレビのソフトウェアアップデートに加え、Prime Videoアプリのアップデートも必要。

FILMMAKER MODEは、ハリウッドの映画・テレビスタジオ、コンテンツ配信会社などが加盟する団体・UHD Allianceが、最高のUHD視聴体験の実現を目指して開発した画質モード。2020年からLGのテレビで搭載しており、フレーム補完をOFFにすることで色温度をそのまま再現、映画やドキュメント番組などを制作者の意図通りの映像で視聴できるという。

今回のアップデートにより、Prime Videoで配信されるコンテンツ自体に、FILMMAKER MODEを自動的に起動する信号を組み込み、それをテレビ側が感知することで、手動で変更する手間をかけずにFILMMAKER MODEの映像が楽しめるようになる。

また、LGのテレビは、マジックリモコンの専用ボタンから、ワンクリックでPrime Videoのアプリにアクセスできる。

Follow me!