ICD-TX660

スティック型のステレオICレコーダー【ICD-TX660】が、販売されました。

厚さ7.4mm(最大突起部を除く、本体最薄部)、重さ約29gを実現したスティック型のステレオICレコーダー。録音時に便利なクリップを本体背面に装備し、「さりげなく、スマートに録音できる」というのが特徴。

仕様面では、「高性能デジタルマイク」を装備。音声をマイク内部でダイレクトにデジタル信号へ変換することで「音声信号に劣化がなく、高音質に録音できる」という。また、マイク取付部には、小型モデルながら、効率的に集音できるパラボラ形状を採用した。

機能面では、長時間録音したファイルの聞きたいところを素早く探せる「タイムジャンプ」、雑音を低減して音声を聞きやすくする「クリアボイス」、再生スピードを変更調整できる「DPC(速度調節)機能」、電源オフの状態でも録音ボタンを押してすぐに録音をスタートできる「ワンプッシュ録音」、録音開始のタイミングを15秒から60分から設定できる「録音開始タイマー」に対応した。

本体には、3行表示に対応した有機ELディスプレイを装備。従来モデルから面積比で41%サイズを大きくすることで、録音時間やファイル名など、よりはっきりと見やすく表示するという。さらに、薄くて堅牢なアルミニウムを本体表面に、ステンレスを本体裏面に使用した。

録音形式がリニアPCM/MP3をサポート。内蔵メモリーの容量は16GB。リチウムイオン充電式電池を内蔵し、電池持続時間(マイク録音時)は、LPCM 44.1kHz/16bitで約12時間、MP3 192kbps/128kbps/48kbps(モノラル)で約17時間。

サイズは102×7.4×20mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約29g(電池含む)。

ソニーストアでの直販価格は17,600円。

Follow me!