BTR5 2021

エミライは、FiiO ElectronicsブランドのUSB DAC機能付きで、2.5mmバランス出力対応のBluetoothレシーバー【BTR5 2021】が、販売されました。

ESS Technology製統合型DACチップ「ES9219C」を2基、左右独立構成で搭載することで、低ノイズ・低歪と高出力を両立。384kHz/32bitまでのPCMとDSDに対応し、MQAデコードにも対応。また、USB DACとしても利用可能で、USB-C接続で384kHz/32bitまでのPCMとDSDのネイティブ再生に対応する。

BluetoothレシーバーにはQualcomm製「CSR8675」を採用。Bluetooth 5.0準拠で、コーデックはSBC、AAC、aptX、aptX LL、aptX HD、LDACをサポート。

高精度なクロックマネージメントを実現するFPGAも搭載。45.1584/49.152MHzの2基の水晶発振器を組み合わせた専用の回路が、Bluetoothの受信処理後にジッターを減少させて信号の安定性を改善。オーディオ・アーキテクチャの部品ごとに違うクロック周波数が存在するという問題を解決するという。

本体には0.49型の有機ELディスプレイを装備。ペアリング先や接続状況、通信状況、電源ステータス、エンコードフォーマット、音量が表示できるほか、メニューの呼び出しやカーモードのオン/オフ、デジタルフィルターの切り替え、EQ調節なども行なえる。

出力端子は、3.5mmアンバランス出力に加えて、2.5mmバランス出力を装備。また、本体にはcVc 8.0対応の高感度無指向性マイクを内蔵し、音声通話に使用可能。また、3.5mm出力にヘッドセットを接続すれば外付けマイクも利用できる。

スマホなどと接続した際には、スマホの音量とBTR5 2021の音量は独立して調節可能。また、iOSデバイスとペアリングした際には、ウィジェット上でバッテリー残量の確認ができる。

FiiO Musicアプリ、またはFiiO Controlアプリと組み合わせることで、BTR5 2021の内蔵パラメーターの設定も可能。チャンネルバランス、2種類のオーディオフィルター、10バンドのイコライザーなどを好みに合わせて設定できる。

連続再生時間は、3.5mmアンバランス出力時が約9時間、2.5mmバランス出力時が約7時間。充電時間は1.5時間。

出力は32Ω負荷時で、3.5mmアンバランスが80mW+80mW以上、2.5mmバランスが240mW+240mW以上。SN比は3.5mmアンバランスが-118dB、2.5mmバランスが-122dB。ノイズフロアは3.5mmアンバランスが2μV以下、2.5mmバランスが2.2μV以下。THD+N(LDAC使用時1kHz/32Ω負荷時)は3.5mmアンバランスが0.003%未満、2.5mmバランスが0.002%未満。

サイズは72×32×11.1mm(縦×横×厚さ/バッククリップを除く)。重量は43.7g。USB-C to Aケーブル、USB-Cケーブル、バッククリップなどが付属する。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は16,500円前後。

Follow me!