Streaming Amplifier

ナスペックは、「ROKSAN」ブランドの【Attessa】シリーズを販売しました。ラインアップは、ネットワーク再生機能搭載のプリメインアンプ【Streaming Amplifier】、プリメインアンプ【Integrated Amplifier】、アナログプレーヤー【Turntable】、CDトランスポート【CD Transport」。

【Streaming Amplifier/Integrated Amplifier】は、これまでのROKSANコンポーネントをベースにしながら改良を重ねたというアンプ回路を搭載したプリメインアンプ。2機種の違いはBlue Soundのマルチルーム・ストリーミング・プラットフォーム”BluOS”の搭載有無。

2機種とも、強力な400VAの大容量トロイダルトランスを搭載した電源部、ショートシグナルパスを実現する多層基板、デジタル・アナログソースが混在するアンプにあって各入力系統間のクロストークを極小に抑えたグランド・スイッチング技術を備え、様々なソースを高音質で再生するよう設計された。

BluOSを搭載している【Streaming Amplifier】は、Amazon Music、Spotify、Deezer、TIDAL(日本未サービス)、Qobuz(日本未サービス)などのストリーミングサービスに対応。ネットワーク再生機能も備え、192kHz/24bitまでのPCMの再生とMQAデコードをサポート。BluOSのコントロールアプリで操作できる。

【Integrated Amplifier】は、BluOS非搭載だが、S/PDIF入力、MMフォノ入力、Bluetooth入力を備え、CD TransportやTurntableと組み合わせて、スマートなシステムを構築可能としている。なお、MQAデコードは非対応。

ともにBluetooth対応で、プロファイルはA2DPをサポート。コーデックはSBC、AAC、aptXに対応する。

入力端子はRCA×2系統、MMフォノ/RCA×1系統、同軸×2系統、光デジタル(96kHz/24bitまで)×2系統を装備。出力はプリアウト兼用のRCA×1系統と3.5mmステレオミニ端子を備えている。

【Streaming Amplifier】は、さらにデジタル入力としてLAN端子とUSB×2系統も装備。コントロール端子としてUSB-miniB端子も備えている。

パワーアンプ部の出力は、80W+80W/8Ω、130W+130W/4Ω。SN比は>80dBa@1W/8Ω、>98dBa@75W/8Ω。THD+Nは<0.02%(1kHz、2ch、1W@8Ω、A-weighted)。チャンネルセパレーションは>75dB@10kHz。ゲインは29dB。

プリアンプ部のSN比は>104dB(unweighted)。THD+Nは0.002%(1kHz、2Vrms、A Weighted)。チャンネルセパレーションは>102dB(1kHz、100mV)。

サイズは、432×373×76mm(幅×奥行き×高さ/端子含む)。重量は【Streaming Amplifier】が10.48kg、【Integrated Amplifier】が10.37kg。リモコン、Wi-Fiアンテナ(USB)、USBケーブルが付属する。消費電力は最大350Wで、スタンバイ時は0.5W未満。

【Integrated Amplifier】は、【treaming Amplifier/Integrated Amplifier】と組み合わせて利用することを想定したターンテーブル。ユニピボット型のROKSANオリジナル・トーンアーム“Attessa Tonearm”を装備。ベアリング機構、防振構造のシンクロナスモーター/ACジェネレーターなど、XERXESやRadius7の設計を踏襲している。

「素材固有の響きを排しカラーレーションの無い透明な響きを獲得した」とする”ヘヴィー・ウェイト・ガラスプラッター”を搭載。アームには、メイン/アジマスウェイトがアームに取り付け済みで調整も簡単に行なえるという。

Danaカートリッジも標準装備。MMフォノイコライザーも内蔵しているため、開封後すぐにアナログ再生を楽しめる。フォノ回路はバイパスも可能で、外部フォノイコライザーも接続できる。

回転数は33 1/3、45。出力端子はRCA×1系統。ゲインは42dB@1kHz。SN比は>64dB。インピーダンスは47kΩ(100pF)。出力電圧は最大1.8Vrms。使用可能カートリッジ自重は約5g~約8.5g。

サイズは432×353×104.5mm(幅×奥行き×高さ)。重量は6.3kg。ACアダプタ、フォノケーブル、水準器、針圧計などが付属する。消費電力は最大25W、スタンバイ時0.5W未満。

CD Transport

【CD Transport】は、【Streaming Amplifier/Integrated Amplifier】と組み合わせて利用することを想定したCDトランスポート。出力端子を同軸に限定し、CDに収められたデータをピュアリティの高いデジタル信号で出力することに特化した設計としている。

電源にもこだわり抜いたとし、トロイダルトランスを採用した安定化リニア電源、デジタル部/クロック部の個別のレギュレーター、アクティブ時には動作しないスタンバイモード専用電源を搭載。

同軸出力ソケットは、トランスを使用してシャーシから電気的に絶縁されており、アース/ハムループを完全に回避。「無駄を排した設計と、ノイズを徹底的に排したシンプルなかつ強力なコンポーネント」としている。

出力端子は同軸×1系統(44.1kHz/16bit)。

サイズは432×349×76mm(幅×奥行き×高さ/端子含む)。重量は6.1kg。リモコンが付属する。消費電力は最大25W、スタンバイ時0.5W未満。

それぞれシルバーとブラックの2色展開。

価格は、ネットワーク再生機能搭載のプリメインアンプ【Streaming Amplifier】が33万円、プリメインアンプ【Integrated Amplifier】が24万2,000円、アナログプレーヤー【Turntable】が23万1,000円、冬発売予定のCDトランスポート【CD Transport】が13万円。

Follow me!