SMC-160BT

ドウシシャは、自社ブランド「ORION」より、独自の和紙素材フルレンジスピーカーをセットにした、セパレート型CDコンポ【SMC-160BT】を販売しました。

BluetoothやCD、ラジオ、USBプレーヤー機能を備えたセンターユニットと、スピーカーがセットになったシステムコンポ。音像定位にこだわり、独自の抄紙方法で開発したという和紙素材2重抄紙製法(W-RPM)スピーカーを搭載しているのが特徴。

コーン紙の表面と裏面に性質の違う素材を、独自製法で1枚のコーン紙に抄紙。表面には1万円札に使われている和紙素材の「みつまた・三椏」を使うことで、和紙のハリのある明瞭な中高音を再生。そして裏面には、弾力性に優れるパルプを使うことで内部損失を大きく取ることを実現。木製MDFバスレフキャビネットとの組み合わせにより、豊かな低音域再生するという。

ユニット部は、Bluetooth 5.0に準拠。プロファイルはA2DP、AVRCPをサポートし、対応コーデックはSBC。USB端子を備え、USBメモリーに記録した音楽データ(MP3/WMA)の再生が可能。FMワイドバンド対応のラジオ機能も搭載した。

アンプ部の定格出力は10W×2。再生可能ディスクはCD/CD-R/CD-RWで、対応フォーマットはCD-DA/MP3/WMA。

サウンド機能には、「5プリセットイコライザー」(フラット、ポップス、ジャズ、ロック、クラシック)や、厚みのある重低音で再生する「S-BASS」、夜間の小音量時でもバランスよく聞こえるように低音域と高音域を補正する「ラウドネス」を用意。設定した時刻にCD、FMラジオ、USBメモリーから選択し好みの音量で再生するオンタイマーや、設定した時間で電源OFFにできるスリープタイマー機能も用意する。

アナログ外部入力端子を搭載し、フォノイコライザーアンプ付きレコードプレーヤーなどを接続して楽しむことができる。またUSB端子は、5V/1Aの電源出力にも対応しており、スマートフォンや携帯電話の充電も行なえる。

サイズは、ユニット部が200×200×118mm(幅×奥行き×高さ)、スピーカーが140×145×220mm(幅×奥行き×高さ)。重量は、ユニットとスピーカー合計で約3.5kg。リモコンとFMアンテナなどを同梱する。

価格はオープンプライスで、直販価格は14,800円。

ORIONの音響製品の第一弾モデルで、今後もORIONブランドで音響機器を順次発売していくという。

Follow me!