HUAWEI WATCH GT Runner

ランナー特化型スマートウォッチ【HUAWEI WATCH GT Runner】が、12月10日より順次発売する。

「HUAWEI TruSport」により、「ランニング能力指数」と「トレーニング負荷」を測定できるランニング特化モデル。このうち「ランニング能力指数」は、過去のランニングの心拍数、ペース、距離、頻度などに基づいて算出し、「目標との乖離をより正確に知ることが可能」とのこと。

また、新機能として、「HUAWEI Health」アプリによる「パーソナルAIランニングコーチ」機能に対応。ユーザーに合わせたトレーニングプランをカスタマイズできる点が特徴で、1週間のトレーニングデータを分析し、翌週のランニングスケジュールを自動で調整する。

HUAWEI WATCH GT Runner

さらに、健康管理機能として、「TruSeen 5.0+」へアップグレードした心拍数モニタリングをはじめ、血中酸素レベルの常時測定、睡眠モニタリング、ストレスモニタリングを搭載。このほか、100種類以上のワークアウトモードも採用した。

本体は、耐久性にすぐれるという高強度複合繊維のケース、セラミック仕上げのベゼル、航空機グレードのチタン合金製リューズを採用。「軽量で強靱、快適なデザインを実現した」とのこと。

主な仕様は、ケースサイズが46mm、画面が1.43型HD(466×466ドット)AMOLEDディスプレイ、バッテリー駆動時間が約14日間(通常使用時)。対応手首サイズは140~210mm。

サイズは46.4×11×46.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約38.5g(ベルトを含まず)。カラーはブラック、グレー。

店頭予想価格は34,980円。

Follow me!