RS1x/RS2x

ナイコムは、GRADO製のオープン型ヘッドホン「Reference(リファレンス)」 シリーズより、【RS1x】および【RS2x】を販売しました。

いずれもハウジング素材を一新し、新開発の「xドライバー」を搭載したオープン型ヘッドホン。「徹底した品質管理により、左右の音圧差0.05dB以下を実現した」とのこと。

ヘッドバンドは「装着感と耐久性の向上を果たした」というホワイトスティッチ本皮を使用。ケーブルはスーパーアニール処理を施した新開発の「OFC8芯ケーブル」を採用。両モデルともに、4pin XLR バランス端子を採用した「Balanced モデル」を用意する。

RS1x/RS2x

【RS1x】は、メープル、ヘンプ、ココボロ材の3種類を組み合わせた、同社史上初のトライウッド・ハウジングを採用したモデル。「メープル材が主要な働きを担い、ヘンプ材がトップエンドとローエンドを滑らかにし、ココボロ材がさらなるパンチを加える」とうたう。

主な仕様は、ドライバーが50mm径ダイナミック型、再生周波数帯域が12~30000Hz、インピーダンスが38Ω、感度が98.8dB/mW。

重量が約320g(ケーブルを含む)、ケーブル長が1.7mm、入力端子は3.5mmステレオミニプラグ(【RS1x Balanced】は4pin XLR バランス端子)。6.3mm標準プラグアダプターが付属する(【RS1x Balanced】には付属せず)。

価格は【RS1x】が96,690円、【RS1x Balanced】が117,590円。

RS1x/RS2x

【RS2x】は、メープル、ヘンプ材を組み合わせたスペシャルハウジングを採用したモデル。「繊細ながら表情豊かなフルボディのサウンドを実現する」とうたう。

主な仕様は、ドライバーが44mm径ダイナミック型、再生周波数帯域が14~28000Hz、インピーダンスが32Ω、感度が98.8dB/mW。

重量が約280g(ケーブルを含む)、ケーブル長が1.7mm、入力端子は3.5mmステレオミニプラグ(【RS1x Balanced】は4pin XLR バランス端子)。1/4インチ標準プラグアダプターが付属する(【RS1x Balanced】には付属せず)。

価格は【RS2x】が71,390円、【RS1x Balanced】が92,290円。

Follow me!