TE-BD11t

プレシードジャパンは、AVIOTブランドの新製品として、独自のWハイブリッドシステムを搭載した完全ワイヤレスイヤホン【TE-BD11t】を、12月中旬~下旬に発売する。

AVIOTの技術力を詰め込んだ機能性と、高音質を両立させたというハイグレードモデル。バランスド・アーマチュアドライバー、 ダイナミックドライバーを各1基ずつ搭載した新開発のハイブリッド・デュアルドライバーシステムと、「AVIOT史上最も強力」と謳うハイブリッドANCの“Wハイブリッドシステム”が特徴。フラッグシップ「TE-BD21j-ltd」に次ぐ、新たな高音質モデルとしている。

ドライバーは、10mm径のダイナミック型×1、Knowles製バランスド・アーマチュア(BA)型×1のハイブリッド構成。それぞれの位相特性を最適化するよう設計されており、ドライバー間の自然なマッチングにより、日本語を母国語とする人々の耳に最も心地良く響くトーンバランスを実現する独自の「Japan Tuned」を実現。「音楽性豊かに、かつ解像度の高い音楽再生を可能にした」という。

独自のエルゴノミクスデザインにより実現した、物理的にノイズを遮断・低減するパッシブノイズアイソレーション技術に加え、左右計4基のノイズ低減用マイクで集音した音をデジタル処理し電気的にノイズを低減させるフィードフォワード方式、フィードバック方式併用のハイブリッドANCを搭載。最新SoCとアルゴリズムにより、ノイズキャンセリングの精度が向上、最大55dB超ものノイズ低減を実現した。

Bluetooth 5.2準拠。コーデックはSBCとAAC、プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSPをサポートする。バッテリー持続時間は、イヤフォン単体で最大18時間。付属する充電ケースの併用により、最大60時間の再生が行なえる。充電時間は1.5時間。充電ポートはUSB-C。防水性能はIPX4。

高感度通話用マイクと最新SoC、ノイズキャンセリングアルゴリズムを設計することにより、騒がしい屋外でもクリアに伝わる高い通話性能を実現。最大9時間の通話が可能で、 長時間の電話やオンラインミーティングにも活用できるとする。

このほか、イヤホンをタップすることで環境音を取り込める外音取込モードや、専用アプリ「AVIOT SOUND ME」によるサウンドコレクト(集音)モード、風雑音抑制モード、ゲーミングモード、イヤホン探知、10バンドEQ設定、キーアサイン割り当てなどの機能を備える。

カラーはドーンブルー、ダークルージュ、ポーラーホワイト、ディープブラック。

価格は15,400円。

Follow me!