iOS 15.2

アップルは、iPhone向け「iOS」の新バージョン【iOS 15.2】の配信を開始した。

主な特徴として「iOS 15.2」では、「Siri」を使ってミュージックにアクセスできる新たなサブスクリプションタイプとして、「Apple Music Voice」プランを追加する。

さらに、プライバシー機能では、「設定」のAppプライバシーレポートを使用して、過去7日間にアプリから位置情報、写真、カメラ、マイク、連絡先などにアクセスされた頻度、およびネットワークアクティビティを確認できるという。

加えて、「デジタル遺産」機能に対応。同社によれば、「ユーザーの死後、iCloudアカウントと個人情報にアクセスできる人を故人アカウント管理連絡先として指定できる」とのこと。なお、同機能(「iOS 15.2」の場合)は「設定」→「Apple ID」→「パスワードとセキュリティ」→「故人アカウント管理連絡先」から設定できる。

このほか「iOS 15.2」では、iPhone用のバグ修正なども含まれる。

「iOS 15.2」の対応機種は、iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE(第1世代)、iPhone SE(第2世代)、iPod touch(第7世代)。

アップルは、iPhone向け「iOS」の新バージョン「iOS 15.2」の配信を開始した。

主な特徴として「iOS 15.2」では、「Siri」を使ってミュージックにアクセスできる新たなサブスクリプションタイプとして、「Apple Music Voice」プランを追加する。

さらに、プライバシー機能では、「設定」のAppプライバシーレポートを使用して、過去7日間にアプリから位置情報、写真、カメラ、マイク、連絡先などにアクセスされた頻度、およびネットワークアクティビティを確認できるという。

加えて、「デジタル遺産」機能に対応。同社によれば、「ユーザーの死後、iCloudアカウントと個人情報にアクセスできる人を故人アカウント管理連絡先として指定できる」とのこと。なお、同機能(「iOS 15.2」の場合)は「設定」→「Apple ID」→「パスワードとセキュリティ」→「故人アカウント管理連絡先」から設定できる。

このほか「iOS 15.2」では、iPhone用のバグ修正なども含まれる。

「iOS 15.2」の対応機種は、iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE(第1世代)、iPhone SE(第2世代)、iPod touch(第7世代)。

Follow me!