DLA-V50

JVCケンウッドは、「Victor」ブランドより、ネイティブ4Kに対応したD-ILAホームプロジェクターのエントリーモデル【DLA-V50】が、3月中旬より発売する。

上位モデルと同様に0.69型ネイティブ4K「D-ILA」デバイスを搭載した、ホームシアター向けプロジェクターの入門機。1900ルーメンの明るさを実現し、4K/120p入力対応の「低遅延モード」も搭載。加えて、ダイナミックメタデータに対応した「HDR10+」に対応した。

また、ネイティブコントラストは40000:1を可能としたうえ、入力映像を解析して黒レベルを自動制御する「インテリジェント・レンズ・アパーチャー」との組み合わせにより、ダイナミックコントラスト400000:1も可能とした。

同社独自の機能として、「HDR10」コンテンツのフレームごとの最大輝度を独自アルゴリズムで瞬時に解析し、プロジェクターにおける映像投写に最適なダイナミックレンジにリアルタイムでトーンマッピングする「Frame Adapt HDR」と、設置環境や使用時間に合った最適なトーンマッピングを行なう「Theater Optimizer」を搭載。なお、「Theater Optimizer」機能は、「Frame Adapt HDR」画質モード選択時のみ有効となる。

このほか、同社独自の残像低減技術「Clear Motion Drive」も採用し、なめらかで自然な動きを実現するという。

表示解像度が4096×2160ドット、レンズが62倍電動ズーム・フォーカス オールガラスレンズ(口径65mm、15群17枚)、投写サイズが60~200型、光源がランプ(NSH 265W)。

サイズは500×495×234mm(幅×奥行き×高さ)、重量は19.2kg。カラーはブラック、ホワイト。

価格は800,000円。

Follow me!