H6800BDa

4Kに対応し、YouTubeやNetflix、Amazon Prime Videoなどを楽しめるAndroid OS搭載スマートプロジェクター【H6800BDa】が、販売されました。

おうちシアターに最適というDLP方式のプロジェクター。投写画面サイズは30インチ~300インチ。4K/3,840×2,160ドットに対応し、高精細な映像を映し出す。最大投射距離は10m、輝度は3,600 ANSIルーメン。コントラスト比は最大10,000:1。HDR 10に対応する。

H6800BDa

上下方向の映像のひずみを補正できる台形補正機能を搭載。垂直・水平方向ともに±30度まで補正できる。垂直方向は手動/自動調整、水平方向は手動調整。光源は245Wランプで、耐久時間の目安は標準で5,000時間、ECOモードで10,000時間、ExtremeECOモードで12,000時間。

OSにAndroid 9を採用しており、サードパーティアプリストア「Aptoide」を利用可能。Wi-Fiに接続すればYouTubeやNetflix、Amazon Prime Videoといったストリーミングサービスを楽しめる。本体には出力10Wのスピーカーも内蔵。Wi-Fiドングルとペアリングすると、スマートフォンやPCの画面をワイヤレスで投写できる。

フルHD入力時は最大240Hzの高リフレッシュレートに対応。スポーツやゲームなど動きの速いシーンでも、細部まで滑らかに描写するという。

入力として、HDCP 2.2対応のHDMI 2.0を2系統備える。そのほかアナログRGB/コンポーネントビデオ(ミニD-sub15ピン)×1、ステレオミニの音声入力も装備。出力端子はステレオミニ×1、光デジタル×1、電源供給用のUSB Type-A×1。ネットワーク端子は非搭載。

サイズは約315×114×248mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約3.2kg。カラーはホワイト。消費電力は通常時310W、ECOモード時215W、スタンバイ時は0.5W以下。動作音は標準で30dBA、ECOモード時で23dBA。1.8mの電源ケーブルやリモコン、ワイヤレスプロジェクションキット、キャリングケースなどが付属する。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は15万円前後。

Follow me!