HU710PW

プロジェクターシリーズ「LG CineBeam」の新モデルとして、光源にレーザー+2ch LEDを採用し、コンパクトサイズながら最大300インチの投写ができる4Kプロジェクター【HU710PW】が、2月下旬より発売する。

コンパクトサイズながら、最大300型(幅約6.6m)の大画面再生に対応したプロジェクター。光源は「レーザー+2ch LED」を採用し、明るく鮮やかな4K(3840×2160ドット)映像が楽しめるという。

HU710PW

光源に青色レーザーと赤・青LEDのハイブリッド型ランプを採用し、青色レーザー+緑の蛍光体によって、鮮やかな緑を再現、4K画質にふさわしい明るさと色彩表現を実現したという。従来のDLPのカラーホイール方式と比較し、弱点だった経年的な色の変化、レインボーノイズも軽減することで「ピュアなRGBカラー」を再現する。

また、HDR映像ソースのコマごとのメタデータに従い映像を最適化する「ダイナミックトーンマッピング」に対応。周囲の環境光に応じて明るさを調整する「ブライトネスオプティマイザー」、シーンに合わせた明暗差を再現する「アダプティブコントラスト」を搭載した。

HU710PW
HU710PW

さらに、映像をさらに豊かにする機能として、動きをなめらかにする「TruMotion」や、低解像の映像を高精細に表示する「Super Resolution」などを装備。このほか、フレーム数を24Hzに固定して、さまざまなエフェクトを無効化する「Filmmaker Mode」も搭載した。

出力5W+5Wのスピーカーを内蔵。Bluetoothヘッドホンなどとワイヤレス接続ができるほか、内蔵スピーカー+外部スピーカーでサラウンド環境を構築できる。Dolby Atmosとの互換性もあるため、臨場感を演出する立体音響を実現できる。モバイル端末とBluetooth接続すれば、プロジェクターをBluetoothスピーカーのように使うこともできる。

インターフェイスは、HDMI 2.1×1、HDMI 2.0×2、USB 2.0×2、ヘッドホン出力×1、光デジタル出力×1、LAN(RJ45)×1を装備。また、IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN接続や、Bluetooth接続にも対応。

HU710PW

OSはwebOS6.0で、インターネットブラウザやVODアプリを使ってYouTubeやNetflix、Amazon Prime Video、Disney+などを楽しめる。

モバイル端末と同一のネットワークに接続すれば、専用アプリ「LG ThinQ」を使用することで、スマホを簡易リモコンとして使用可能。Miracast、AirPlay 2といった画面共有機能も利用できる。

HU710PW
HU710PW
HU710PW

主な仕様は、投写画面解像度は3,840×2,160ドット、投写画面サイズ(必要距離)は40~300インチ(113~870cm、1.6倍ズーム使用時)、明るさは2,000 ANSIルーメン。コントラスト比は2,000,000:1。HDRはもっとも普及している「HDR 10」、テレビ放送向けの「HLG」、HDR対応ゲームコンテンツの安定した表示のガイドラインを定めた「HGiG」に対応。

サイズは259×390×129.2mm(幅×奥行き×高さ)、重さは約6.5kg。電源コードやAC-DCアダプターなどが付属する。カラーはホワイト。消費電力は最大210W。

店頭予想価格は300,000円前後。

Follow me!