AQUOS サウンドパートナー (AN-SC1)

音声アシスタント機能を搭載したウェアラブルAIスピーカー【AQUOS サウンドパートナー (AN-SC1)】が、2月25日に一般発売する。

Bluetooth受信に対応したウェアラブルスピーカーで、さまざまな場所でニュースや音楽の再生、家電の操作ができる。Bluetooth送信機も同梱しており、送信機をテレビなどに接続し、テレビの音声をワイヤレスで再生する事も可能。マイクを搭載しており、スマートフォンのハンズフリー通話や、パソコンとつないでビデオ会議などにも使用できる。

同梱のBluetooth送信機は、低遅延コーデックのaptX Low Latencyに対応。テレビの映像と音声のズレを抑制し、無線接続でも違和感のない音声を実現したとする。

約92gの軽量設計で、長時間首にかけても気にならないという。JIS保護等級4級(IPX4)相当の生活防水にも対応。キッチンなどで濡れた手で操作したり、水しぶきがかかったりしても動作する。音声が効率よく耳に届くように、リフレクター構造を搭載している。

Wi-Fiに接続することで、手元にスマートフォンなどがなくても、音声アシスタント機能を使用できる。音声アシスタント機能として、Amazon Alexaを採用。側面のアクションボタンを押して、音声アシスタントを起動し、「ニュースを読んで」と話しかけると、最新のニュースが読み上げられ、聴きたい音楽のジャンルをリクエストすると、音楽配信サービスによって選曲された音楽を楽しめる。なお、「アレクサ」などのウェイクワード(発言)では起動しない。対応する家電製品や照明器具などを、音声指示で操作する事もできる。

音楽再生時間は、Bluetooth接続で約10時間、Wi-Fi接続で約6時間。充電時間は約2時間30分。

価格はオープンプライス。店頭予想価格は25,300円前後。

Follow me!