M11 Plus ESS

エミライは、FiiOの中核デジタルオーディオプレーヤー「M11 Plus LTD」のDACチップを、旭化成エレクトロニクスのものから、ESS製の「ES9068AS」へと変更し、さらなる性能向上を実現したという後継機種【M11 Plus ESS】が、販売されました。

「AK4497EQ」を搭載した限定生産モデル「M11 Plus LTD」のDACチップを、ESSの「ES9068AS」へ置き換え、さらなる性能向上を実現。それだけでなく、DACチップ変更に伴ってD/A変換セクション自体もブラッシュアップ。

チップの特性に合わせ、ローパスフィルターに使用されるオペアンプを「OPA1662」から「OPA927」へと変更しているほか、これまでボリューム調整用のICで行なっていた音量調整機能をDACチップに担当させる事で、ボリュームIC回路を廃止。さらなる特性の向上を実現している。

これにより、2.5mmバランス出力時のSN比が120.5dBから126dBへと最大5.5dB向上、歪み率を表すTHD+Nは0.00146%未満から0.00085%以下(1kHz/32Ω時)へと向上。

さらに、2.5mmバランス出力時の最大出力は588mWから660mW(32Ω/THD+N<1%)へ強化しながら、低消費電力DACチップの恩恵により連続再生時間が最大10時間から最大14時間へと伸長している。

ヘッドホン出力は、3.5mmシングルエンドと、2.5mm/4.4mmのバランス出力を装備。さらに、従来の3.5㎜ライン出力機能に加え、4.4mmバランスライン出力機能も搭載(4.4mmバランス・ヘッドホン出力端子兼用)。ライン出力時には、ヘッドホンアンプ部を自動的にバイパスし、より高純度なオーディオ信号を出力可能。バランス接続対応のポータブルヘッドホンアンプとのバランス・ライン接続が可能になった。

ヘッドホンアンプ回路は、THX AAA Frontierシリーズの「THX AAA-78アンプ」を採用。THXの特許技術であるフィードフォワード補正技術とニュートラルな音質を追求した設計手法が特徴で、「音の消えぎわの表現やサウンドステージ上に忠実に復元されたディテールを追体験でき、まるでレコーディングスタジオにいるかのようなサウンドをもたらす」という。

THX AAA回路は、一般的なヘッドフォンアンプ回路と比較し、同じ電源部を用いた場合でも、高い出力を高効率で実現できるほか、より低いノイズレベル、低歪みも実現可能という。

M11 Plus ESSのヘッドフォンアンプ部は、AAA-78回路をベースとして第二世代に進化。低域のスケールの豊かさとシャープなフォーカスを実現する駆動力の強化を実現し、「IEMでもノイズが目立たない更なる低ノイズ化を進めた」という。

ヘッドホン出力は、低/中/高のゲイン切り替えが可能。各ゲインレベルに対し120ステップの音量調節が可能で、細やかな音量調整を正確に行なえる。高インピーダンスのヘッドフォン使用時でも、高感度のイヤフォンでも、完璧な音量調節が可能とする。

低ノイズ設計思想を推し進め、新規設計の内部レイアウトにより基盤回路の相互干渉を抑制するモジュール型の回路設計手法を採用。各回路モジュールはそれぞれシールドカバーで覆われ、デジタル部分とアナログ部分は完全に分離。各セクション間で相互干渉が発生せず、より純度の高い音質を実現したとする。

前段ローパスフィルター部、小信号増幅部、増幅拡張回路にそれぞれ独立した電源が与えられているほか、様々な部品に専用シールドカバー、特注品の高耐熱性シリカゲルとグラフェンを使用。必要に応じて熱の吸収と放出を行なうニッケルシルバー製ヒートシンクなどを駆使し、温度管理を徹底し、製品全体の耐久性も高めている。

QualcommのSoC「Snapdragon 660」を搭載。動画再生やゲームなどの重いタスクも処理できる能力を備えながら、音楽再生時は超低消費電力で動作可能。メモリは4GB、内蔵ストレージは64G。最大2TBまでのカードが使える、microSDカードスロットも備えている。

デジタル信号処理の要となるFPGAを中心としたデジタル領域の信号処理回路には、Digital Audio Purification System(DAPS)を採用。SoCから送られたデジタルデータを、FiiO独自のPLL技術を搭載した独自開発の第4世代FPGAを経由。FPGA内でデジタルオーディオ信号としてDACが最も真価を発揮しやすいようトリートメントしている。さらに、DAPSにはフェムト秒クラスの超低ジッターを実現する2基の特注仕様のNDK製フェムト・クロック水晶発振器も組み込まれており、デジタルオーディオ回路部全体に高精度かつ低ジッターなマスタークロックを提供、クリーンで極めて高い忠実度を誇るD/A変換を実現している。

FiiOカスタム仕様のAndroid 10を搭載。直感的な操作が可能。ダークモード、ナイトモード、3つのナビゲーション設定を用意。さらに、他のアプリケーションの動作を止め、音楽再生に特化させることで音質を極限まで高めるPure Musicモード、サードパーティ製アプリも使えるAndroidモード、Bluetooth受信モード、USB DACモードなどお名井。AirPlayとDLNAにも対応する。

Bluetooth送受信コーデックとして新たにAACが追加。「iPhoneユーザーはさらに柔軟にHiFiグレードのワイヤレス・オーディオを楽しめる」という。送信対応コーデックはSBC/AAC/aptX/aptX HD/LDAC、受信対応コーデックはSBC/AAC/LDAC。

筐体側面には、ボリュームボタン+タッチパネル複合型ボリューム調整機構を搭載。省スペースで、ボタン操作による正確な調整、もしくはタッチパネルでのスライド操作により直感的な調整が可能。

「DSD変換モード」を使用すると、PCM信号をD/A変換プロセス時にDSDに変換してから再生。PCMとは異なる質感の、自然でクリアなサウンドを体験できるとする。このDSD変換モードは、サードパーティ製のアプリで再生した楽曲にも適用可能。MQA音源の8xデコードにも対応する。

ディスプレイは1,440×720ドットで、サイズは5.5型。18:9のアスペクト比により、優れたビジュアル体験と、より快適なグリップ感を実現したとする。

QC2.0/3.0/4.0および USB PDの高速充電に対応した6,000mAhのバッテリーを搭載。フル充電後に約14時間の連続再生、最長約1,000時間のディープスリープが可能。USB-C端子を備えている。

サイズは136.6×75.7×17.6mm(縦×横×厚さ)で、重量は295g。専用アクセサリーとして、別売でレザーケース「SK-M11 Plus LTD」も用意。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は97,900円前後。

Follow me!